無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

私にしか消せない毒がある.
崎原 あなた
『…え、、』
崎原 あなた
『いま、なんて…』
菅原 孝支
『笑っちゃうよな…笑』


数時間前.
及川 徹
そういえば、
及川 徹
あなたちゃんの幼馴染って烏野だったよね
崎原 あなた
そうだよ?
及川 徹
飛雄、烏野だってさ
崎原 あなた
飛雄って…王様?
岩泉 一
よく知ってるな
崎原 あなた
いや、だって及川くんが…
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
及川 徹
『後輩のクセに!!』
崎原 あなた
『ヘェ、大変ダネー』
及川 徹
『王様めー!!!』
崎原 あなた
『王様ってなに』
及川 徹
『その後輩のこと!!』
崎原 あなた
『本名は?』
及川 徹
『飛雄!影山飛雄!!』
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

崎原 あなた
って、、
及川 徹
......
岩泉 一
......
岩泉 一
この…クソ川!!
及川 徹
ひどいよ岩ちゃん!
岩泉 一
ひどいのはお前だよ!
崎原 あなた
そーだそーだ!
崎原 あなた
私何聞かされてんだろってなったもん
岩泉 一
ほらな!?
及川 徹
......もんって可愛い
岩泉 一
(俺も思った…←)
崎原 あなた
何言ってんの笑

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
《あなた》
ってことがあったんだけど
《あなた》
どう…?
《大地》
あー…
《大地》
その影山も問題児なんだよなぁ…笑
《あなた》
あれま…
《大地》
まぁ、賑やかになっていいんだけどな
《大地》
天才セッターが入ったのはスガにとって重い出来事だと思う、
《大地》
顔にも声にも出さないけどさ
《あなた》
やっぱり?
《大地》
いつもそうなんだろ?
《あなた》
うん…いつも。
《あなた》
とにかく後で電話してみるね
《大地》
おう、頼んだ
《あなた》
じゃあ、また連絡するね
《大地》
じゃあな

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


Prrrrrr…
崎原 あなた
『もしもーし』
菅原 孝支
『お、どしたー?』
崎原 あなた
『元気かなーって』
菅原 孝支
『元気だぞー』
崎原 あなた
『ふふ、嘘吐いたね』
崎原 あなた
『バレバレですけど?』
菅原 孝支
『やっぱり…?』
崎原 あなた
『誤魔化せてるとでも?』
菅原 孝支
『はぁぁぁぁ…』
崎原 あなた
『ねぇ、孝支』
菅原 孝支
『…なに』
崎原 あなた
『…諦めるとか言わないよね?』
菅原 孝支
『…め、ょ』
崎原 あなた
『ん?なぁに?』
菅原 孝支
『…諦めるよ』
崎原 あなた
『…え、、』
崎原 あなた
『いま、なんて…』
菅原 孝支
『笑っちゃうよな…笑』
菅原 孝支
『後輩にレギュラー取られんのが怖くて』
菅原 孝支
『勝てないことを認めたくなくて』
崎原 あなた
『…それは、』
崎原 あなた
『…負けを認めたってことじゃん』
崎原 あなた
『私が好きな孝支はそんなんじゃない』
菅原 孝支
『ッ…でも』
崎原 あなた
『才能は…信頼には勝てないよ』
崎原 あなた
『3年目、でしょ』
崎原 あなた
…応援してるから

そう言って、電話を切った



途中途中で聞こえたくぐもった声

電話の向こうで黙り込む姿



その全部がらしくなかった


だから切った







…私の知らない孝支な気がして
崎原 あなた
…こわ

どうしても、怖くなってしまったから