無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

番外編.『デート(仮)』
ある休日の朝.
崎原 あなた
あー、ねむ…
Prrrrrr..
崎原 あなた
『もしもしぃ…』
菅原 孝支
『あ、あなたー?』
崎原 あなた
『はい…なーに』
菅原 孝支
『今まで寝てたんだろ』
崎原 あなた
『…バレた、、』
菅原 孝支
『悪いけど買い物行かないか…?』
菅原 孝支
『隣町の方…』
崎原 あなた
『あ、私行きたいカフェあるの!』
崎原 あなた
『丁度いいから一緒に行こ!』
菅原 孝支
『おー!良かった!』
『じゃあ10分後に家行くからな!』『了解!』
なんて会話をして電話を切る




タンスの奥にしまっていたスカートを取り出すのは…


未練とか、そういうのじゃなくて、ただの気分


誰がなんと言おうとも気分でしかないのだ
ピンポーン
崎原 あなた
今行く〜
ガチャ
菅原 孝支
おはよ
崎原 あなた
おはよ〜
菅原 孝支
電車でいいべ?
崎原 あなた
うん!
着きました(早いとか言わないで🥺)
菅原 孝支
てか今日スカートなんだな
崎原 あなた
いいでしょ?気分!
菅原 孝支
何着ても似合うもんな〜
崎原 あなた
へっ!?
菅原 孝支
え、どうした?
崎原 あなた
ナンデモナイデス…//
菅原 孝支
…照れてるべ
崎原 あなた
…照れてないよ
菅原 孝支
照れてる
崎原 あなた
照れてないもん
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

菅原side.
孝支
(かわいい…)

スカートの話をしてから頬が赤いあなた
あなた
ねぇ、今日何買うの?
孝支
ん?
孝支
んーと…
あなた
え、
孝支
…えへへ
孝支
特にない…です…
あなた
じゃあ…
孝支
あなたside.
そう聞くと黙ってしまう孝支

崎原 あなた
まぁいいけd
菅原 孝支
あなたと
崎原 あなた
…うん、
菅原 孝支
あなたと出かけたかった、、だけ…///
崎原 あなた
…じゃあ
崎原 あなた
デート、だね!
菅原 孝支
へ、、
菅原 孝支
…おう!
『デートだね』

なんて、バカみたい
叶わないから諦めた
忘れようとした

でも私は…














まだ忘れられていないようだ
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


月海です

昨日更新出来なくてすみません

今日は番外編、明日もデート(仮)の続編です

良ければまた見ていただけると嬉しいです

では、