無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

14
2021/08/04

第3話

聖女、最強冒険者達と遭遇する
ウェヌス王国を追放されたあなたは、隣国のルフト王国を目指していた。
(なまえ)
あなた
(まずは、メールの町の冒険者ギルドに寄ろうかな)
(なまえ)
あなた
あれは!?
メールの町へ続く道を歩いていると、前方で荷馬車が魔物に襲われていた。
(なまえ)
あなた
(…魔獣 デモンバード)
(なまえ)
あなた
(魔物から魔獣になったのね…やっかいな)
魔物の好物は魔力を持つ生命体。

ゆえに生まれながらにして魔力を持つ人間は、魔物にとっては大の好物だ。

基本は人間を襲うことの多い魔物だが、まれに奴らは共食いをすることがある。

魔物は瘴気から生まれるため、生まれながらにしてその身に瘴気を宿す。

そして、奴らが瘴気を一定以上超えて摂取すると、より強力で狂暴な"魔獣"へと進化する。

この魔物はその共食いをしたことによって、魔獣へと進化したのだろう。
(なまえ)
あなた
(魔獣は聖属性の魔法でしか倒すことができない…)
(なまえ)
あなた
しかも、それが四体…
聖属性の力は持つ人間は少なく、教会の神父の階級から上は必ずその力を有している。

主な能力は上級治療系の回復・補助魔法や支援系の結界・付与魔法だが、攻撃スキルは一切覚えることができない。

ちなみに、付与魔法とは自分の持っている属性を自分自身や対象物に掛ける事で、身体、武器性能を向上させる魔法だ。

また、治療系の回復・補助魔法は光属性を持つ者なら必ず扱えるようになる。

治療や付与は教会で行っており、その付与を受けて冒険者や王都の騎士団が魔獣を討伐するのだ。

そのため、国によってはとても重宝されており、攻撃スキルを持てないがため、大抵が教会に属している。
(なまえ)
あなた
(さすがに力を使ったら聖女だってバレるわよね…)
そして、唯一、聖属性の力で攻撃スキルを扱える者が存在する。

それが──、"聖女"である。

が、如何いかんせん聖女の存在自体が希少なため、能力は未知数であまり解明もされていない。

国によっては女神の御使いや神の代行者と称し、教会や都市部で崇められており、書物では伝説上の人物として描かれている。

つまりは、聖女の存在自体、いるのかいないのかハッキリしていない。
(なまえ)
あなた
(ウェヌス王国の二の舞いはごめんだわ)
.
.
.
.
.
??
??
くそっ、魔獣だなんて聞いてねぇぞ
????
????
さて、どうしましょうか…
???
???
諦めてもらうしかないんじゃない?
????
????
そうですね
????
????
ここは身の安全が最優先、ご依頼人にも荷馬車は諦めてもらいましょう
???
???
いい?
商人
商人
ええ、命には変えられません
商人
商人
こうも魔獣が立て続けに出ては、諦めるしかない
??
??
けど、オジさん困るだろ?
??
??
王都で珍しい物を手に入れたから、それを売って子供たちに贅沢させるんだ!
??
??
って言ってたじゃんか
商人
商人
ですが…
.
.
.
.
.
(なまえ)
あなた
──エンチャントサークル
本当は陰から見守って、無事に彼らが逃げれたら自分が魔獣を倒そうかと思っていた。

が、
(なまえ)
あなた
(あんな話聞いたら、助けないわけにはいかないじゃない)
聖属性の付与魔法を冒険者の三人へと同時に掛ける。
??
??
うおっ、なんだなんだ!?
????
????
これは…!?
???
???
…聖属性魔法付与……
(なまえ)
あなた
助太刀するわ
????
????
貴女は一体…
(なまえ)
あなた
まぁ
(なまえ)
あなた
それはこいつらを倒した後で、ってことで
??
??
誰だか知らねぇが助かった
??
??
ありがとな
???
???
(なまえ)
あなた
どういたしまして
(なまえ)
あなた
ホーリーサークル
荷馬車とその持ち主である商人へ神聖な結界を張る。

これで魔獣は、彼と荷馬車に一切手出しができない。

何故なら、奴らが触れればその身はたちまち浄化させられてしまうからだ。
商人
商人
これは…!!
(なまえ)
あなた
さっ
(なまえ)
あなた
これで思う存分、戦えると思うわ
??
??
任せろ
????
????
聞きたいことは山ほどありますが
クライト
クライト
お陰で戦闘に専念できます
???
???
…アイシクルエンド
(なまえ)
あなた
(…氷属性の上級魔法…、こんな簡単に詠唱破棄なんてできたかしら?)
絶対零度の冷気が魔獣達を包み、一瞬にしてその場で氷漬けにする。
????
????
シャイニングレイ
(なまえ)
あなた
(光属性の上級魔法!?…)
上空から放たれた光の柱が、氷漬けの魔獣達に降り注ぐ。
(なまえ)
あなた
(しかも、さも当然と詠唱破棄)
光属性は治療系の回復・補助魔法がほとんどで、攻撃系の魔法は殺傷能力に欠ける。

が、それは初級魔法でならの話だ。

上級ともなれば、他の四属性とは比べものにならないぐらい圧倒的な火力を持つ。

だがしかし、光属性の魔法はいちいち魔力の消費量が多いがため、上級魔法はそれに見合う魔力量を持つ者しか扱うことができない。

また、上位冒険者になるほど詠唱破棄は必ずと言っていいほど行うことができ、攻撃もできる回復役が多い。
(なまえ)
あなた
ねぇ、オジさん…
商人
商人
うん?なんだい?
目の前で繰り広げられる戦闘を眺めながら、荷馬車のかたわらにいる商人に話しかけた。
??
??
ふっ
剣を構えて小さく息を吐いたその瞬間、魔獣達はバラバラに切り刻まれていた。
(なまえ)
あなた
(太刀筋が全く見えなかった…)
??
??
うっし、終わった
武器を腰の鞘に戻して、小柄な剣士がにんまりと笑んだ。
(なまえ)
あなた
あの人達って、有名な冒険者?
商人
商人
知らないのかい!?
商人
商人
彼らは、
S級冒険者パーティーの"希望の光エスペランサ"だよ
国外追放を受けて早々、あなたはまさかのS級冒険者パーティーと遭遇したのだった。