無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

16
2021/08/07

第4話

聖女、S級冒険者達に正体がバレる
(なまえ)
あなた
(ってことは、確実にバレたわよね)
(なまえ)
あなた
(私が聖女って)
一般等級の冒険者なら誤魔しが効くかもしれないと思ったが、三人の戦いぶりと彼らがS級という最高位の等級と分かり、心の内で溜息を吐いて諦める。

と、同時に、

倒した魔獣とは別の場所から出現した同じ種類の魔獣が、こちらに向かって襲いかかってきた。
??
??
危ねぇ!!
(なまえ)
あなた
魔獣が私に触れられるわけないでしょ
(なまえ)
あなた
消えなさい
あなたが直接手を下さずとも、魔獣は結界に触れた瞬間、白い光に覆われ、魔石だけを残して消滅した。
??
??
な、なんだ!?
魔獣はどこにいったんだ?
????
????
どこにもいっていませんよ
消滅したんです
???
???
……こんな威力の結界、見たことない
商人
商人
あっ!!
急に何か思い出したように、商人が声を上げる。
??
??
どうしたんだ、オジさん
商人
商人
いえ、思い出したんです
この結界を張られた時の神聖な気を…
商人
商人
ついこの間、
ウェヌス王国で感じたものと一緒です
商人
商人
もしや、貴女様は──
察した商人が畏まったようにあなたへ話しかける。
(なまえ)
あなた
……ええ、聖女よ
(なまえ)
あなた
ただし、国外追放された、ね
???
???
…噂通りなら……何で生きてるの?
(なまえ)
あなた
げっ、もう噂なんて出回ってるの?
(なまえ)
あなた
て言うか、どんな噂なのよ
??
??
ああ、あれか
??
??
偽の聖女を語った不届き者は処刑して、王都には真の聖女を迎え入れたってやつ
(なまえ)
あなた
(あのクソ王子…!!)
王子が女狐ユリアを難なく迎え入れるために、王都の住民へそう大々的に公表したのだろう。

あのバカ王子がそこまで頭がいいわけがない。
大方、大臣の差金さしがねだろう。
(なまえ)
あなた
処刑なんてされてないわよ
(なまえ)
あなた
できる筈ないもの
????
????
でしょうね
????
????
貴女がここにいることにも
納得がいきます
白魔道士の男が、持っていた魔導書と錫杖しゃくじょうの二つの武器を異空間に仕舞う。

上位の冒険者ほど普段は身軽と言うが、それは異空間収納を持っているからだ。また、無詠唱はできて当たり前。

異空間収納とは文字通り異空間に物を収納できる魔法で、容量は持っている魔力量に寄って異なる。

私の魔力量は桁外れで、とてつもなくたくさん入る。
が、勿体ないぐらい中身はスカスカで十分の一も入っていない。
??
??
どういう事だ??
???
???
……分かってたけど、…バカ?
???
???
彼女が本物の聖女なら…
処刑なんてすれば国が滅びる
????
????
ええ。ですから、
彼女がここに居るということは…
??
??
あんたが真の聖女ってことか!
偽物が処刑されて良かったな
剣士の男が悪気なく、にかっとそう言った。 

なんと言うか…、バカ王子とはまた違ったバカだ。
(なまえ)
あなた
…………
????
????
…………
あなたは呆気に取られたような顔をさせ、白魔道士の男は顔を手で覆い溜息をこぼす。
???
???
………バカなの?
二人の気持ちを代弁するかのように黒魔導士の男がボソッと言った。
商人
商人
アハハ
商人
商人
真の聖女のことは分かりませんが、
噂の偽の聖女とは彼女のことですよ
商人
商人
もっとも、偽物ではないですが
??
??
??
剣士の男だけが、未だに理解できていないようだ。
????
????
何があったのかは知りませんが…
????
????
彼女が本物であるからこそ、
国は彼女を国外追放としたのでしょう
??
??
えーっと、つまり、
偽物が本物で本物が偽物ってことか?
(なまえ)
あなた
偽物かは分からないわね
(なまえ)
あなた
神託では聖女と認められたらしいし
???
???
…厄介払いしたかった奴の仕業…
(なまえ)
あなた
そうね、心当たりはあるわ
??
??
まっ、難しいことは分かんねーけど、
あんたは聖女で間違いねぇんだろ?
(なまえ)
あなた
…ええ
??
??
一人か?
(なまえ)
あなた
そうよ、メールの町へ向かう途中なの
??
??
なら、オレ達と一緒にこねぇか?
(なまえ)
あなた
いいの?
????
????
私は構いませんよ
また魔獣が出たら力を借りたいですから
セシル
セシル
同じく…
商人
商人
それでは
改めてよろしくお願いします、聖女様
(なまえ)
あなた
聖女様なんて堅苦しい呼び方より、
あなたと呼んで下さい
??
??
オレはカイ、よろしくな、あなた
(なまえ)
あなた
カイはバカだけど社交性に優れてるわね
カイ
カイ
オレ…今、
けなされたのか?褒められたのか?
???
???
……両方でしょ
セシル
セシル
…名前、セシル……よろしく
????
????
私はクライト、
よろしくお願いしますね、あなたさん
セシル
セシル
…メールの町まで二日半……寝る
(なまえ)
あなた
えっ、そんなにかかるの?
商人
商人
そう言えば、あなたさんは
どのようにメールの町まで?
商人
商人
見た所、馬車はありませんが…
(なまえ)
あなた
と、徒歩でかな…?
カイ
カイ
お前、バカだなぁ。メールの町まで
徒歩なんて初めて聞いたぞ
(なまえ)
あなた
(…殴り倒したい)
セシル
セシル
……カイには言われたくないと思う…
クライト
クライト
普通はウェヌス王国で馬車を借りますからね。事情なだけに仕方がありませんよ
(なまえ)
あなた
馬車を借りる暇はあったんだけどね
商人
商人
じゃあ、本当に
徒歩で向かうつもりだったんですか?
(なまえ)
あなた
いや、あはは…
国から出るの初めてだったから
(なまえ)
あなた
距離を知らなかった
セシル
セシル
……カイが二人……?
(なまえ)
あなた
失礼ね、私とカイを一緒にしないで!
クライト
クライト
そうですよ
クライト
クライト
彼女は世間知らずなだけで、カイと同レベルのバカと決めつけるには早いです
(なまえ)
あなた
…クライトさん、
何気に酷いこと言ってる自覚ある?
カイ
カイ
オレの扱いが
一番酷いと思うのはオレだけか?
こうしてあなたは、

偶然 出逢ったS級冒険者パーティー"希望の光エスペランサ"と共にメールの町へ向かうのだった。