無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

10
2020/07/30

第7話

名もない女の子、美人姉妹
あなた

……?

何か、、ボロ小屋に行き着いてしまった…ヤバイかも…ヤバそうな人が居られる…


私は、周りを注意深くしてたら…ある女の子に目が合った
あなた

女の子
女の子
……
髪の毛はボサボサで身なりがボロボロ…のその子に近づく
あなた

、…、(ジィ~

女の子
女の子
………
あなた

…ねぇ?

女の子
女の子
あなた

貴女お名前は??

女の子
女の子
…………
黙り続ける女の子
あなた

…そうだ!おにぎり食べる??(ニコ

女の子
女の子
?…
私は風呂敷から、おにぎりを2個出すと


グォォォォギュルルル))

すんごい、音が聴こえ
あなた

今の………君?

女の子
女の子
女の子は、ヨダレを垂らしながら私の手の中のおにぎりを見つめてた…
あなた

要る?

女の子
女の子
グォォォォ))
あなた

食べる?

女の子
女の子
ギュルルル!))
お腹の虫は正直過ぎてつい遊んでしまった
あなた

良いよ…どうぞ😊

私が良いよと言うと女の子は喉を鳴らしながら、震える手をおにぎりに掴んで恐る恐る食べる


すると…
女の子
女の子
!!!!はぐっ、もぐっ!
食い付いた!よっし!


1つ食べ終わり、もう一つのおにぎりを見つめヨダレが滝の様に流していた…💧

あなた

これも、お食べ(ニコ

女の子
女の子
✨✨✨もぐっ!
食いつきが…凄い…
あなた

……美味しい?

女の子
女の子
……うん。
ほっぺに米粒を付けて言う女の子に微笑み頭を撫でる
女の子
女の子
!……
あなた

米粒が付くほど美味しいなら良かったよ(ナデナデ

私は、禰豆子ちゃんに撫でるように女の子を撫でる
女の子
女の子
!!(パッ
直ぐに口周りを触って米粒を食べた…可愛いね
あなた

私の名前ね…苅田あなた…宜しくね。

女の子
女の子
!…うん。
あなた

まだ、おにぎりあるから…どうぞ(トス

私は、おにぎり3つを女の子に上げたら 女の子は、目を輝かしながら私とおにぎりを交互にみる…本当、好きやな〜おにぎり


炭治郎のおにぎりも、美味しいからきっとこの子物凄く喜ぶだろうな〜


あなた

良いよ食べて(ニコ

女の子
女の子
!!…もぐっ!はぐっ!!!✨✨✨✨
良い食いっぷり…でもね、これよりも凄い食いっぷりを私は見た事があるのだよ…にぃにの瀕死の晩餐会…3日間水だけで鍛練をしたんだよね…、本当、鬼殺隊になる為に変な鍛練をしたあげく野生化しそうだったよ

その後、ご飯を出したらリスみたく口にいっぱい詰め込んでたな…喉に詰まってしまったり…見てるだけで危なかったなぁ



と、女の子は食べ終わり 私の方を見て
女の子
女の子
…え、と…、ありがと…?
あなた

!!妹にしたいわ!(ガバッ

女の子
女の子
!?
あなた

……本当、可愛いね

女の子
女の子
……あなた
あなた

!!覚えてくれたんだぁ〜(ニコ

女の子
女の子
、…うん…(クスッ
あなた


(今笑ったよね!?微笑んだよね??)

女の子
女の子
…、また…逢える…?
あなた

!!…うん、また来るね(ナデナデ

女の子
女の子
!…そっか(フニャ
あなた

!可愛い…

あなた

またね!(パッ

私は女の子に手を振り進む…女の子は、ずっと見つめてた…
女の子
女の子
…忘れない…。
そらから、進む事3分
あなた

何で、あの子あんな所に居たんだろう…?

私は、まだ世の中を知らな過ぎた…少しは、知らないとな…



行く宛もなく、歩くのはキツイな…情報が欲しい…にぃにとねぇねとまぁまに会いたい…


と…ぼうと歩いてた私は前の人にぶつかった…

ドン))
あなた

!?

胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
!あらあら…ごめんなさいね 大丈夫かしら?、
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
姉さん!ちゃんと、前を見ないと危ないでしょう!
あなたもよ!怪我をするわよ
美人な人にぶつかって呆けてしまった…
あなた

あ…スイマセン(ペコリ

胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
しのぶ、心配してくれるの?ありがとう(ニコニコ
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
良いのよ、お互いに前を見ずにぶつかったんですもの(ニコ
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
姉さんたら…(呆れ
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
そういう事じゃないでしょう(呆れ
あなた

……ええと

美人なふわふわしてる姉さんと言われてる人は、真面目な美人の人に呆れながらも話しをしてた


まるで、仲の良い姉妹の様だ…


その光景に固まってしまった、、


胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
貴女お名前は?
あなた

えっと……苅田あなた…です。

胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ

(苅田あなたって)
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
!…貴女が…苅田鳴海ちゃんの妹ちゃんなのね
あなた

!?ねぇねを知ってるの??

胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
えぇ…2年前に貴方達の家に任務で行ったのよ…そしたら、鳴海ちゃんのお兄さん春樹君
が肋をやられて治療をしたのよ…でも、家の………
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
姉さん!
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
!…あ、大丈夫わよ💦春樹君と鳴海ちゃんは無事だったわ 今は
他院して元気にしてるわ
あなた

……家の…何ですか?(真剣

胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
それは…
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
はぁ……あなたさんと春樹さんと鳴海さんのお母さんは御臨終されました。
あなた

!?

胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
しのぶ……
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
酷だと思いますが…黙り続けるよりも、伝えた方が本人の為です。
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
それはそうだけど…(ちら
あなた

ッ…(泣)

苅田久夜
思い出】あなた、何してるの…?
あなた【積み木で遊んでるの…】
苅田久夜
思い出】お母さんも、混ざろうかな(ニコ
苅田久夜
あなた、大きくなってもこれだけは覚えておいて…嫌な事から、逃げないで
立ち向かわないと、強くなれないわ…でも、逃げが悪い事ではない…だけど、後悔
する様な、事はしないでね、、、さっきの女の子と喧嘩した事も、そうよ(ニコ
苅田久夜
ンフフ…早く寝ないと山姥が来るわよ〜(ニコ
苅田久夜
……言葉は、行動力と同じよ…重みもあり、信頼もあるの…だから、限度の過ぎた嘘は
人を傷付けたり…無くしたりするの…優しい嘘もあるけど…時と場合にしなさい
今は、分からないと思うけど…いつか、理解出来る様になったら……この言葉を思い出しなさい。



私に優しく正しく…怖くもあり、、とても、凛々しくあろうとした母…
あなた

まぁま…(ポタポタ

胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
……(ガバッ
あなた

!?(ビク

胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
辛かったわね…良いのよ…、沢山泣きなさい。(ナデナデ
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
……
私は、誰だか知らないお姉さんに抱き締められながら…泣いた…



もう、、気力もやる気も出ない…どうでも良いよ……



誰か…この悲しい気持ちを……どうにかして…記憶を消したいよ…
あなた

……

私は、泣き止んだ…お姉さんから離れて距離を置く……
あなた

ありがとう…御座います。

胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
良いのよ…
(瞳から、光が消えた…分かるわ…誰だって、辛いものね。)
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
鳴海ちゃん達の所に行きましょうか?(ニコ
あなた

……いえ、大丈夫です…。

胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
…あなたさん…辛いのは分かりますが、家族に会わなかったら
きっと後悔しますよ
あなた

……今、こんな私をねぇねとにぃにに見せたくないです

胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
!しかし、、、お二人はあなたさんを必死に探していますよ
鬼殺隊に、なって貴女を守る為に取り返すために必死に頑張られてるんですよ
あなた

、、鬼殺隊に、なったんだ…

あなた

凄いね……でも、本当に、、今の私を見たら、悲しむから…、
幻想の過去のあなたをにぃに達の記憶に残ってれば
それだけで、私は大丈夫です。

胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
…!(ヒュ
綺麗なお姉さんが、私の頬に平手打ちをしようと上にかざす…振り下ろす瞬間…止まった
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
あなたさん…本気で仰っておられるんですか…?
その言葉に、貴女の本当の気持ちが込められてるんですか…?
あなた

!!

私は綺麗なお姉さんの瞳を観ると…悲しそうな、泣きそうな瞳をしていた…
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
貴女のお姉さん鳴海さんは…自分の身を削るような修業をし…慣れない
素振りや試練やその他もをこなしました…女であるから、舐められない為にも…
長い髪の毛をバッサリ切り落とし…男として、鬼殺隊に入りました…
あなた

胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
一日中…あなたの事を思い続け…鬼と立ち向かい、、逃げませんでした
普通の方なら、怖くて逃げ出したりもしますが…鳴海さんと春樹さんは、
自分等にこう言いました…「あなたは怖い鬼と一緒に居るのに、自分等が
助けに行かないで誰があなたを助けるんですか…自分等が逃げたら後悔する
じゃないですか。」って
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
それとね、、春樹君と鳴海ちゃんは、もうすぐしたら
柱の継子になるのよ(ニコ
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
あなたちゃんを救う為に、頑張ってるのよ
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
…もう一度、言います…貴女の本当の言葉を聞かせて下さい。
あなた

わ、私の…本当の…言葉…

苅田久夜
あなた…言葉には、重みがあり…軽々しく言葉を交わすのは
駄目ですよ…本当のあなたを表しますからね。
あなた

……

私の頭の中で母の言葉が、聞こえる…昔の私に云った言葉だ…。
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
聞かせて下さい。
あなた

……私は…

震える唇と身体…それらを噛み締め、、口を開くと
あなた

にぃにとねぇねに…会いたいよ(泣)

涙を流しお姉さん達を見つめたら…お姉さん達は、優しく微笑みながら抱き締められ

静かに泣いて…泣き止む頃には、太陽が沈んでいた…。
あなた

っ…すぅ…

胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
あらあら、泣き疲れて寝てしまったわね(ニコ
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
そうですね(ニコ
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
あなたちゃんを連れて帰りましょうか(ニコ
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
じゃあ、私が抱っこして行くよ(だき
しのぶ視点))





私が、抱き上げると…軽くて細かった

まるで、御人形の様に…つい、守ってあげたいと思ってしまうくらいに
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
……
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
どうしたの?しのぶ
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
あ、ううん!何でもないよ(苦笑い
と、話してたら 鬼の気配がした
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
!!しのぶ…
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
…姉さん、分かってるわ。
白蓮
……やあやあ、可愛らしいお嬢さん方、、、こんな暗い時に、歩くのは感心しないなぁ〜
白蓮
(ニコニコ
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
上弦の…鬼…!?何故こんな所に…
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
……しのぶ…あなたちゃんと共に此処から離れなさい(コソッ
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
!?何を言ってるの姉さん!
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
……お願いよ、しのぶ(ニコ
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
!……で、でも…
胡蝶カナエ
胡蝶カナエ
絶対、帰ってくるから…ね?(ニコ
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
……
私は、嫌な予感がして…姉さん一人にはしたくなかった

だから、、、
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
嫌です。
あなた

ん……

白蓮
!?……その娘は…ふ、ふふ…アハハ!!
二人
!?
白蓮
やっと…やっとだ…見つけたよ…、"あなた"
二人
あなた視点))