無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

503
2021/08/23

第29話

優しさ
その日の夜、、、


みつは
みつは
、、、寝れない…………
私は布団に入っても全然眠れなかったから、
散歩をすることにした
みつは
みつは
、、、、
1階に降りて、寮を出ようとした時だった
???
おい、なにやってんだ?
後ろから男の人の声が聞こえた
みつは
みつは
、、?
そこには、爆豪さんがじっと私を見ながら立っていた
爆豪
爆豪
どっか行くのか、?
みつは
みつは
、、、散歩に…………
爆豪
爆豪
そうかよ、
そう言って爆豪さんは私と一緒に寮を出ようとした
みつは
みつは
、、??
爆豪
爆豪
んだよ
みつは
みつは
一緒、、行く、んですか………?
爆豪
爆豪
悪りぃんか?
みつは
みつは
…………((フルフル
別に嫌とかそんなのないから、
私は無言で首をふる
爆豪
爆豪
だったら行くぞ
そう言って爆豪さんは私と一緒に歩いてくれた






寮に近い公園を横切ろうとした時だった
ぴたりと爆豪さんが足を止めた
爆豪
爆豪
なぁ、
みつは
みつは
爆豪
爆豪
少し、いいか?
爆豪
爆豪
公園入るぞ
すると、爆豪さんは私の手を引いて


近くにあったベンチに座るように言った
みつは
みつは
、、、、
私は言われたようにベンチに座る
私の横に爆豪さんが座り、話かけてきた
爆豪
爆豪
お前、ヴィランに捕まってた時、なんかあったのか?
みつは
みつは
ぇ…………?
とても心配そうに爆豪さんは聞いてくる
私はこんな爆豪さんの声を聞いたことがなかったから驚いた
みつは
みつは
、、、なんも、ないでs((
爆豪
爆豪
嘘つくんじゃねぇ、
みつは
みつは
ッ、
迷惑をかけたくない、
私なんかを心配させたくない
辛いことをさせたくない、思わせたくない
だから、私は、、
みつは
みつは
本当に、なんも、ないですよ、ニコッ
そう言って私は笑う
爆豪
爆豪
ッッ、、………
なんで?どうして?
そんな辛い顔をするの、?
悔しそうな、悲しそうな顔、
まるで、美玲ちゃんの時と同じみたいな、
溜め込んだ顔、
爆豪
爆豪
む………して、……んじゃ、ねぇ……
みつは
みつは
爆豪
爆豪
無理して笑ってんじゃねぇよ
みつは
みつは
、ッッ………
爆豪
爆豪
お前は、あん時、ヴィランに連れ去られたとき、
爆豪
爆豪
諦めてる顔をしてた、
爆豪
爆豪
つらそうな、苦しそうな顔
爆豪
爆豪
俺はお前にそんな顔をしてほしくねぇ
爆豪
爆豪
今だって、すげぇ泣きそうな顔してんの誤魔化せてねぇし、
みつは
みつは
、、、、
あぁ、だめだ
やっぱり私は駄目なやつだ
爆豪さんだって、悲しそうな顔してる、
私のせいで
爆豪
爆豪
言いたいことがあるなら、俺が聞いてやる
爆豪
爆豪
もし、自分の中でずっと考えてんならぶっ殺す
爆豪
爆豪
わかったか?
みつは
みつは
でも、、、
爆豪
爆豪
でもなんだよ
みつは
みつは
迷惑、、なるんです、
みつは
みつは
私がいると、、みんな、悲しくなって、辛く、なるから、、ッッ
みつは
みつは
だから、皆の前では……
みつは
みつは
迷惑かけないようにしようって……ッ
みつは
みつは
それに、
みつは
みつは
私は、慣れて、ます、から、
爆豪
爆豪
お前、、、
みつは
みつは
……………((ビクッ
爆豪さんは右手を振り上げた
叩かれると思って、目をぎゅっとつぶる
でも、痛みはなくて、頭に少し重みがあるだけだった
爆豪
爆豪
…………………((ポンボン
爆豪さんは私の頭を優しく撫でた
みつは
みつは
、、ぇ、?
爆豪
爆豪
誰も、お前のせいで悲しくなるわけじゃねぇ
爆豪
爆豪
お前のせいで辛くなるわけでもねぇ
爆豪
爆豪
それに、
爆豪
爆豪
慣れてるなんて、嘘つくんじゃねぇよ
みつは
みつは
、、、ッ
みつは
みつは
嘘、なんか………
爆豪
爆豪
ついてんだろ、
爆豪
爆豪
無理して笑うこと、溜め込むこと、
爆豪
爆豪
慣れてるわけねぇだろ
爆豪
爆豪
慣れるなんて、できねぇよ
爆豪
爆豪
それに、話なら聞いてやる
爆豪
爆豪
なにがあったのか、どう思ってんのか、
爆豪
爆豪
全部受け止めっから、
そう言いながら爆豪さんは私の頭を撫でながら


いつもとは違う、優しい声で言った






ネムさん
ネムさん
いつもより長くなってしまってすいませんでした!!