無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

4,514
2018/05/10

第42話

マサイB.D.
今日は、
誕生日前日。

夜からご飯食べながら
お祝いする予定。

お昼過ぎまでは
アスレチックで撮影。

現在各々まったり中。
ぺけたん
久々にこんなに動いたかも。笑
疲れた〜部屋にいるね!
ンダホ
俺も一眠り〜…
リビングのソファで寝てしまった。
シルク
俺編集、マサイ来て。
あなた

行っちゃった…

あ、私は久々に…!
長風呂しちゃお〜♪

モトキ
行っておいで。笑
---- ✂︎ ----

お風呂
あなた

今日は〜コレ!
いい香り〜♡なんだろ…?
男性はイチコロ★な香り…?笑
ウケる。笑

シュワシュワ〜っと
お湯がカラフルな色に変わっていく。

身体を洗い終え、
ゆっくり浸かる頃には


1時間が経っていた。
あなた

新しい美容液とパック♡
試そ〜っと!

---- ✂︎ ----

リビング
ンダホ
ん…
モトキ
あ、起きた?
見てこのテレビ面白いよ。
ンダホ
おはよ……zz
モトキ
寝るのね。笑
シルク
んー!終わりー!
マサイさんきゅー。
マサイ
いーえ。
あら?ぺけたんまだ寝てんの?
モトキ
うん、上にいるみたい。
シルク
あなたは?
モトキ
あ、そういえば…
2時間か。ちょっと見てくる。
マサイ
…どこへ?2時間?笑
ンダホ
お風呂じゃない?ふぁ〜
---- ✂︎ ----

お風呂
モトキ
あなた〜?
あなた

はぁ〜い!

モトキ
生きてるね、よかった。笑
ぼちぼち上がっといで。
あなた

みんな起きちゃった?
わかったー!

---- ✂︎ ----

リビング

20分後
あなた

上がりました〜!

今日はなんとなく、
ジェラピケのもこもこ
ルームウェア〜♡
みんな
…かわ……ぃ…//
あなた

マサイ
へぇ、似合うじゃん。
そういうと近づいてきて
後ろから抱きしめた。
あなた

気持ちいいでしょ!
これ気に入ってるんだー!

マサイ
…ん。最高〜
あなたの匂いを嗅ぎながら
ぎゅーっと力を込める。
あなた

苦しいって!w
ご飯しないと…!

マサイ
あぁ、わりぃ。笑
よろしく〜
パタパタとキッチンに走っていった。
モトキ
なんか今日無駄に色気が。
ンダホ
無駄にって。笑
シルク
不覚にもドキッと…
マサイ
シルクが?笑
ぶははははっ!
モトキ
今日は大雪かもしれないね!笑
シルク
お前らな〜!
そうこうしているうちに…
あなた

手伝って〜!

モトキ
はいはーい。
せっせと運び終え、
バァッとテーブルに
豪華な食事が並んだ。
ンダホ
おご馳走〜♡
あなた

頑張っちゃった!笑

じゃあみんなグラス持って〜?
ちょっと早いけど、
まーくんのお誕生日会始まり〜!
お誕生日おめでとーう!
かんぱーい♡

みんな
おめでとう!かんぱーい!
マサイ
おう、さんきゅー…//
あなた以外はお酒を飲み
ほろ酔い気分。

他愛もない話に花が咲き
お前らと一緒でよかったと
熱く語っている。
あなた

(いつまでもこの光景見ていたいな〜)
ニヤニヤ……ふふふ♡

モトキ
何にやけてんの?笑
あなた

顔に出てた?笑
秘密〜♡

モトキ
あ、そういやあなた
アレは?
あなた

アレ…?
っあー!持ってくる!

シルク
なんだ?でかい声出して。
数分後…

パチッ
電気が消えた。
ンダホ
うわぁあ!
シルク
うるせ w w
暗闇から、
火のついたろうそくとケーキ。
と、あなた。
あなた

まーくん、改めておめでとう♡
ふぅーってして!🕯

マサイ
(ふぅーって…笑)
はいはい。ありがとな!
ふぅ〜っ
パチっ
電気がついた。
あなた

あとね、これ私から!
モトキにも手伝って
もらっちゃったけど…笑

似合うと思って!

マサイ
おぉー、ありがと。
開けていい?
あなた

もちろん!

マサイ
マフラーじゃん!
しかも●●のやつ、センスよし。笑
気に入った〜!
あなた

ほんと?よかったー!

シルク
んじゃ、次俺らからな…
プレゼンタイムも終わり
日付が変わり改めて乾杯。



そろそろ眠る頃…
みんなは部屋に。

リビングには、
マサイとあなた2人になっていた。

よいしょっと立ち上がり
食器を片付け始めるあなた。
マサイ
あなた。
あなた

なにー?

マサイ
ありがとな。
あなた

へへ、ううん!
喜んでもらえて嬉しい♡

マサイ
…笑。
あ、俺も手伝う。
あなた

ありがと〜!

片付けも終わり…
マサイ
ねえ、部屋来て?
あなた

ん?一緒寝るー?笑

マサイ
…おう。一緒寝る。笑
あなた

あははっ w

部屋についてベッドに入る。
あなた

ほんといい匂いする…

マサイ
あなたも、今日なんか違う。
あなた

…それ褒めてる?笑

マサイ
…まあ。笑
他愛もない話をして、
2人ともすんなり眠りについた。