第48話

ふたり
322
2022/11/19 00:33
シルク
あなたが寝るまでな



肘を立てて頭を支えて

隣で横になるあなたを見てつぶやいた






▽シルク side


最近になって、

あなたを大切にしなきゃと

強く思うようになった


今まででいいと思う自分と

もっと俺らがしなきゃいけない事が

あるんじゃないかって葛藤と
あなた

シルクは…

シルク
ん?
あなた

シルク
俺が何?
あなた

んーん、なんでもない

シルク

おやすみあなた
あなた

ん、ぎゅうだけ…

あなた

あと、あさまでいてよね

シルク
ん、早く寝ろ笑

腕まくらに変えて

小さく丸くなるあなたを抱きしめた


しばらくすると

あなたの寝息が聞こえてきた
シルク
…かわいいやつ
あなた

……スゥ



寝息が聞こえ始めてから

もうすぐ20分が経とうとしていた
シルク
…寝れん
あなた

…ん…… ( 寝返り )




時折小さく声を漏らしながら

寝返りを打つあなたが気になって

寝られそうにもない
あなた

シル…ク……( 寝言 )

シルク
うわ、なにびびる
あなた

……すきだ、よ…… スゥ…

シルク
………え


▽シルク side


は、ちょっと、待て

何がすき?おれ?

いやでも寝てんだよな…?



あー、もう。
シルク
…俺も好き
シルク
あなたが…好き



そう返すと

あなたは「ふふっ」と笑って

少し抱きつく力が強くなった気がした



シルク
え、起きてた?え? ( 困惑 )


それに返事が返って来ることもなく

しばらくして

シルクも眠りについた




シルク
んん゛…
目を覚まして隣を見ると

両肘をついて手にあごを乗せて

シルクを見つめるあなたがいた
あなた

……笑

シルク
お、はよ…笑
なに、どした?
あなた

昨日ね、すごくいい夢見ちゃって//

シルク
そんなに?よかったじゃん
あなた

うん、目覚めも最高。笑

シルク
笑笑



んーっと背伸びをして

二人とも身体を起こした
あなた

今日のご予定は?

シルク
あー、PMPMってyoutuberとコラボ
※PMPM(ぽむぽむ)は架空のyoutuberです
※リョウとショーゴの男性2人 構成
※歳はあなたと同じくらい
あなた

そっかー、私はお留守番かな?

シルク
いてもいいんじゃね?
あなた

でも…

シルク
あなたがヘマしなきゃバレねぇよ笑
あなた

もう…またバカにしてる

シルク
してないしてない笑
んじゃ、準備しとけよー


ギシッと音を立てて

ベッドから立ち上がった
あなた

シルクー。

座ったままのあなたが名前を呼ぶ
シルク
ん?
あなた

ふふっ、その「ん?」好き

シルク
なんだよそれ、ばかか笑
あなた

またバカっていう…

シルク
んじゃ、下で待ってるから
あなた



あなたからの返事はなくて

気になって振り向いた
シルク
あなた…?な、どわぁッ


振り向くと同時に

抱きついたあなた
シルク
まじでどした?なんか変じゃね?
熱ある?大丈夫か?( 焦 )
あなた

…あーもう、すき ( 小声 )

シルク
え?なんか言った?

それには答えず




静かに見上げて

シルクの両頬に手を添え

少し背伸びをして、キスをした。
あなた

ふふっ笑
準備するねー!

シルク
まじで、なに?笑

プリ小説オーディオドラマ