第52話

空白
247
2022/11/19 03:30


家に戻ってから

シルクとモトキで編集を始めた。
モトキ
でさー、マサイ追いかけてる時
滑っちゃって!まじで死ぬかと思った笑
シルク
撮影中の怪我とかまじで勘弁して笑
モトキ
わかってるって!
てか、これで動画全員分?
シルク
だと思うけど?
モトキ
8人分、2時間にしては
容量少なくない?
シルク
…わかんね笑
中見てみたら。
モトキ
一通り見るかー。
背伸びをして気合を入れてから

一つずつ見始めた。




マサイ、ンダホ、シルク…
モトキ
俺のも2時間分あるしー…
モトキ
あなたの…あれ?
1時間10分しかないんだけど。
シルク
電源のとこ触ったってこと?
モトキ
んー、言っちゃわるいけど、
そんな器用には見えないけどね。笑
シルク
笑 動画の最後は?
モトキ
えぇーっと…保健室に着いて…
ベッドで寝てるね。笑
シルク
それ隠すために切ったとか?笑
モトキ
んー、でも二日酔いとか
なんとか言ってるし…
モトキ
あ、でもこの辺から
画角変わんないから寝たのかも
シルク
寝てんじゃん…てか、ちょ
待って、もうちょい…この辺…
モトキ
あぁあ゛ー!
シルク
うるせぇよ笑
モトキ
ごめんごめん、でも
ショーゴ来たじゃん…
しかも電源…ショーゴが落としてるわ
シルク
は?……ショーゴのは?
モトキ
んー…と、
動画としては20分くらい足りないかも
モトキ
中身は…っと、保健室ついて
鍵かかってて…それから…
窓に回ってるね〜…からの…
モトキ
あなたを見つけて…近ッ…
寝顔を最後に動画は途切れてて、
窓から降りたとこで再開してます。笑
シルク
……モトキ、なんか聞いてる?
モトキ
なんもー?ただ、最初ショーゴ見た時
不仲じゃない的なこと言ってたから
かなり気まずいとかでもないみたいよ。
シルク
…へぇ。


リビング




すでにンダホとぺけたんは寝てしまい

マサイとあなたが話してた。



ほろ酔いのマサイの足の間には

あなたが座って、

後ろから抱きしめている。
マサイ
なぁ、あなたどこにいた?
全然会わなかったじゃん!
あなた

ねー!学校広かったもん!

あなた

最初は理科室にいて、
すぐにシルクがきたの!

マサイ
え、それもうだめなやつじゃね?笑
あなた

でしょ?でも棚の中にいたら
見つからなくて!その次は保健室!

マサイ
保健室もあったかー、
見落としてたわ〜
あなた

そうそう、それで……ッ

マサイ
それでー?どした?
あなた

ううんッ、ちょっと寝ちゃって…へへ笑

マサイ
寝てたのかよ、笑笑
あなた

…そのあとは、
すぐ見つかっちゃって終わり、笑

マサイ
笑笑



他愛もない話をしていると

リビングのドアが開いた。





ガチャッ
シルク
あなた、来て。
あなた

え?

マサイ
シルク様がお呼びだよ〜
あなた

う、ん…

マサイ
ほら、行っておいでッ
あなた

うん…



シルクの表情から

いい雰囲気ではないと感じ

無言でついていった。




ガチャッ


着いたのは、シルクの部屋
あなた

どしたの…?

シルク
ん、いや…
あなた

シルク…?

シルク
んー、なんか言うことある?
あなた

…動画のこと?

シルク
わかってんじゃん。
何があった?
あなた

…えーっと………




隠すことなく、あったこと全てを話した。
シルク
…そういうこと…
あなた

ごめんなさい。

シルク
…なんで謝んの?
あなた

動画…ダメになっちゃったかなって…

シルク
……ふッ笑
シルク
どこまでバカなの?笑
あなた

またバカって…グスッ

シルク
あーー、もう。( ぎゅっ )
あなた

…なに…グスッ

シルク
やっぱりダメだわ
あなた

え?

シルク
俺……

プリ小説オーディオドラマ