無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
3,417
2019/10/09

第46話

お買い物
シルク
…で、どこ行くわけ?
あなた

あのね、さっきチラシで
見たんだけど○丁目の角に
スーパー出来たんだって。

シルク
へえ。
まあ、そこなら歩けるか。
あなた

うん ♪

家を出て、二人で歩き出した。

あなた

ねぇ?

シルク
ん?
あなた

手…大丈夫かな?
繋いでて…

シルク
んまぁ…いいんじゃね?
しばらく歩いて、到着した。



●○スーパー X
あなた

今日は、久しぶりだから
ご馳走にしたいなーって。

シルク
例えば?
あなた

まだ決めてないけど。笑

シルク
…店内をウロウロ
シルク
これダホ好きかも。
あなた

買おっ

シルク
マサイがこれ食ってたなー。
あなた

これもっ

シルク
これ、ぺけんちに大量にあったわ。
あなた

シルク
モトキの好物じゃ…
あなた

ふふっ笑

シルク
なに?
あなた

みんなのこと好き過ぎでしょ。笑

シルク
…は?//
あなた

照れてる。笑

シルク
…うっさ//
行くぞ。
あなた

〜♪

適当且つ、大量の
買い物を終えて歩き出した。
---- ✂︎ ----

帰路
あなた

でねー、
○○とかあったんだよー!

シルク
へぇー。
あなた

あ、そういえば
片付けしてて思ったんだけど。

シルク
ん?
あなた

リビングにあったお人形なに?

シルク
…あぁーーー。
あなた

ん?

シルク
(ぺけが面白半分で
買ったダッチ○イフ…)
…とは言えねぇ。
あなた

え?何ー?

シルクの顔を覗き込むと
少し赤くなっていた。
あなた

え?どしたの?
お熱?

止まっておでこに触れてみる。
シルク
ち、違う…
帰ってから、ぺけに聞いて。笑
あなた

ん?うん。わかった!

シルク
(……ぺけすまん…)
---- ✂︎ ----

帰宅
あなた

重かったよね、ありがとう♡

シルク
んや、いい筋トレになった。
あなた

そか。笑

シルク
…あなた?
あなた

なn……

チュッ
あなた

ん…ッ…

シルク
…おかえり。
もうどこも行くなよ。
あなた

…ごめんねッ//
わかりました…//

しばらくして3人が帰ってきた。

ンダホも起きてきて
久しぶりに6人でご飯。
あなた

あ、ねぇぺけたん!

シルク
(……あ)
ぺけたん
ん、なに?
あなた

片付けの時ちょっと
ずらしちゃったんだけど、
あの椅子のお人形さん…なに?

モトキ
ぶふッッツ
マサイ
…んぐぐッ
ンダホ
ッ…俺トイレー。
二人は吹き出し
ンダホはトイレに逃げていった。

…キラキラした目で見つめるあなた。
あなた

すっごく可愛いよね!
スタイルいいし…羨ましい…

みんな
(……そこ…ッ⁈‼︎)
ぺけたん
あー、
あれダッ○ワイフ!
エッチできるんだよ。
みんな
(ぇええええ!答えたー…汗)
あなた

え?そうなの?
でもどうやって?

ぺけたん
ん、とね、こうやって
体勢変えるでしょ…んで……
あなた

わー!すごい!

真剣なあなたと、
これまた真剣なぺけたん…




1時間くらい続いたらしい。