無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

254
2021/07/22

第11話

⑥子供組でスイカ割り
今日は念願のスイカ割りだ。仕事で多忙な日々が続いていたが、有給休暇を取って正解だった。

僕は買ってきた一個のスイカを用意し、目隠しをした状態で棒を構えた。


莉犬くんとるぅとくんが、沈黙しつつも、期待した目で俺を見ている。


僕は棒を思いっきり振った。



「パカァァァン!!」


どうやら、粉々に砕けたようだ。



2人に男らしい姿を見せたのは何年ぶりだろう。僕はさらに棒を振りかぶり、思いっきり振った。



「パカァァァン!!!」


今度もスイカは粉々に砕けたようだ。莉犬くんが歓声を上げてくれた。

しかし、僕が楽しんでいる間に、るぅとくんの声が聞こえなくなった。どうやら眠ってしまったようだ。


今日は本当に楽しい一日だった。僕は散らばったスイカを片付けた後に、棒を振りかぶった。
主
次回、解説💙くん!