無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

あなた

オスマン!そっちは何の種目に出るのー?

緑のハチマキを首からただぶらんと下げて、適当にわっかを作っていたオスマン。私は逆に、気合を入れて頭の上できゅっとリボン結びをしていた。
osmn
んー?玉転がしやろ?あと、リレー…ほんま面倒やわー…
リレーは、各クラスから女子二名、男子二名を選出する。こう見えて彼女は割とスポーツができる方だ。

昔から足も速かったし、球技もなんだかんだそつなくこなす。ただ、身体が堅いとかなんとか言ってたっけ。
スポーツをする上で柔軟ができないのは結構致命傷だと思う。だから、スポーツ万能なのではなく、文化部の割にはスポーツができる方という表現をあえてしている。
osmn
あなたは?
あなた

私は借り物競争です。絶対一位取るからね!

osmn
まあ、借り物競争やったらあなたでも一位取れそうやな
私は彼女とは違って、運動音痴ではないが足がそこまで速くない。
だから、こうして借り物競争に立候補をしたまでだ。玉入れもいいけど、一発逆転が出来そうな借り物競争にした。
osmn
お題が『彼氏』とか出たら最悪やな
あなた

ほんと、それよ…。でもさ、実行委員会の子に聞いたら、そういうのは入れてないみたいだよ

この話を聞いて正直安心した。例年、そういったお題を入れていたようだが、ついに生徒からクレームが来て今年から廃止になったそうだ。
zm
あなたー、そろそろ集合やでー
あなた

あ、はーい。それじゃあ、またねオスマン

当時同じクラスだったゾムが、私を呼びに来た。黄色のネクタイのように首から結んだゾムに駆け寄り、一緒にスタート地点へと向かった。
あなた

ゾムさー、足早いんだから普通に走る種目出ればよかったのに。二人三脚とか

私の友人がゾムと二人三脚をしたがっていた。彼は案外モテる。女子に優しいわけではないが、なんでもそつなくこなせる彼が魅力的に感じるそうだ。
zm
足引っ張るやん。せやから嫌。借り物競争でトップ取ったんねん
二人三脚は男子と女子が走るもの。ここでカップルが誕生したるすることも過去にはあったらしいが、ゾムはそういったことに興味が無さそう。
あなた

まあ、ほとんどの女子がゾムと一緒に走るの嫌だろうさ。足速いし、絶対女子に合わせてくれないでしょ?

zm
当たり前やん。合わせる必要ある?
長い前髪を黒いゴムでちゃちゃっと結べば、緑色の瞳のおでましだ。オスマンの深い緑とは違って、彩度のある黄緑。そして、整った目鼻立ちが、お目見えした。