無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

139
2021/06/11

第8話

なな

なんでも話して欲しいと言ってくれた莉犬先輩



本当に根から優しくて、一人の人として尊敬してる



昨日も心配かけたくなくて連絡をした

あなた(LINE)
心配かけてたらすみません。
あなた(LINE)
キスシーンは、私は大丈夫なので莉犬先輩が大丈夫ならやりたいです。
あなた(LINE)
いつもありがとうございます。
先輩の言葉が支えになっています。
莉犬(LINE)
そう言ってくれて嬉しい。
莉犬(LINE)
俺はキスシーン平気だから、やろっか
莉犬(LINE)
今日した約束、守ってね?
莉犬(LINE)
無理しないこと、約束。
あなた(LINE)
約束です!
莉犬(LINE)
うん、俺とあなたちゃんの約束ね
あなた(LINE)
はい!
莉犬(LINE)
おやすみ、また明日ね
あなた(LINE)
おやすみなさい!

こうやって些細なことでも、やりとりする時間を私にくれているっていうことがとても嬉しかった。



莉犬先輩との約束、守ろうって心に誓った。



















ピンポーン
あなた(LINE)
誰だろ…
普段は一人で登校してる。





だから朝に誰かが来ることはない…はずなんだけど…






ガチャ…
赤城あかぎ莉犬
おは~ニコッ
白木あなた
え、莉犬先輩?!
赤城あかぎ莉犬
そんな驚く?w
赤城あかぎ莉犬
一緒に行きたいなって
赤城あかぎ莉犬
だめ?
白木あなた
あっ…いや、今すぐに!
赤城あかぎ莉犬
ゆっくり準備していいからね~

あぶな~




早起きで良かった~、すっぴん見られることだった

































白木あなた
お待たせしましたぁぁ!!
赤城あかぎ莉犬
おお…大丈夫?w
白木あなた
すいません、バタバタしてました
赤城あかぎ莉犬
ごめんね急に来ちゃって
白木あなた
いやいや…とんでもないです
赤城あかぎ莉犬
ここ跳ねてるけど大丈夫そ?
白木あなた
え?
赤城あかぎ莉犬
ほらここ

ちょん、っと跳ねた髪を触る莉犬先輩
白木あなた
えぇ…どーしよ…え、どしよ
赤城あかぎ莉犬
戻ってもいいよ?まだ時間あるし
白木あなた
でも私結構くせっ毛で時間掛かっちゃうんですよね…どうしましょう…
赤城あかぎ莉犬
あ、俺ワックスみたいの持ってるけど
白木あなた
え……
赤城あかぎ莉犬
使う?
白木あなた
でも…先輩のですし…
赤城あかぎ莉犬
俺は全然いいけどw
赤城あかぎ莉犬
というか、ちょこっと跳ねてるの
なんか…かわいいけどねw
白木あなた
かわッ…?!
赤城あかぎ莉犬
ん?かわいい。

視線はばっちり合ってる。



そして真顔で「かわいい」







え????
白木あなた
そ、そういうのあんまり軽々しく女の子に言っちゃ…だめですよ!
赤城あかぎ莉犬
軽々しくないよw
白木あなた
え??
赤城あかぎ莉犬
その髪形、似合ってる。
白木あなた
あ、ありがとうございます…
赤城あかぎ莉犬
俺は?俺の髪形どお?

かわいい。聞き方がかわいい。
白木あなた
とっても似合ってます!
赤城あかぎ莉犬
へへぇ…嬉しいな
赤城あかぎ莉犬
はい、ワックス使う?
白木あなた
あー…えと…
赤城あかぎ莉犬
直してもいいけど、俺はその跳ねがかわいいからそのままも押すけどw
白木あなた
…どちらか…と言ったら?
赤城あかぎ莉犬
跳ねかな
赤城あかぎ莉犬
いつもきっちりしてるのに跳ねてるから珍しくてw逆に見てたいその跳ね
白木あなた
…じゃあこのままにします
赤城あかぎ莉犬
放課後までには直っちゃうかな
白木あなた
たぶん…治まると思いますけど
赤城あかぎ莉犬
部活でも見たかったなぁw
白木あなた
からかってますよね?w
赤城あかぎ莉犬
えぇ~?wそんなことないよ?w
白木あなた
もーw…行きますよ~




楽しい…







莉犬先輩との、この“2人の時間”が。












やっぱり……好き…だったりする?