無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

118
2021/07/16

第13話

じゅう
白木あなた
あれで良かったんですか…?
赤城あかぎ莉犬
俺はいいって。
赤城あかぎ莉犬
けど…ごめん
赤城あかぎ莉犬
あの子しつこいからさ…一応言ったけどなんか絡んできたら俺に言ってね
白木あなた
あ、ありがとうございます…
赤城あかぎ莉犬
あの…本当にごめん
白木あなた
いや…!私は全然大丈夫ですから…!
赤城あかぎ莉犬
…俺はあなたちゃと手繋いで学校登校できて楽しかったし、嬉しかった
白木あなた
…え?
赤城あかぎ莉犬
……なんてね
白木あなた
……っ
赤城あかぎ莉犬
朝からごめんね、演劇の練習…気まずくなっちゃったらごめん
白木あなた
いえいえ、大丈夫です、頑張ります
赤城あかぎ莉犬
あ…お昼…嫌なら来なくていいからね
赤城あかぎ莉犬
あなたちゃんに任せる…じゃ…
白木あなた
…あ、はい……また










「…俺はあなたちゃと手繋いで学校登校できて
楽しかったし、嬉しかった」















「……なんてね」

















本心なら…心から嬉しかった
















けど、「……なんてね」その一言で打ち砕かれた


















冗談…?からかっただけ…?



















先輩……好きですよ………少し期待してしまうから…





















思わせ振りなことはやめてください…

























大好きなのです。


































赤城あかぎ莉犬
…はぁ……
赤城あかぎ莉犬
俺の意気地無し…