プリ小説

第7話

4話
🐧[え、あなた知ってるの?あの人の事。]

『いや、知らない( ˙-˙ )』

🐧[え、でも名前……ㅎㅎ]






『いや、さっきの続きになるんだけど、
靴箱で女子にキャーキャー言われてて、困ってる人を見かけて、
その人の名前は、どうやら"じょんぐく"らしくて、
でも、顔は見えなかったの。』


🐧[うんうん、]



『んでね、?
その人が向いてる方向変えた時、
顔が見えて、
なんか分かんないけど、
わたし、目が離せなくなって、
世界がひっくり返るんじゃないかって思うくらいにかっこよくて、
頭から離れなくなって、、、』








『だから、名前、分かったの…ㅎㅎ』





🐧[なるほどね、つまり、あなたは、その"じょんぐく"とやらに一目惚れをしたと、、そーゆーことよね?]







『……え!?違うよ、』
『わたし一目惚れなんてした事ないし、ましてや恋だってまだ………』




🐧[それじゃあ、なおさらじゃない?]




『なんで…?』





🐧[そんなの決まってるじゃん!!]


🐧[つまり、あなたはまだ、恋っていう感情を知らないわけでしょ?]
🐧[だから、恋をしてることにも気がつかない。]


🐧[恋っていうのはね、

その人のことを考えると、

胸がきゅーって締め付けられて、

目があったら嬉しくて、

気がついてもらえなかったら悲しいの。]
🐧[その人の事で頭がいっぱいになるんだよ?]













『そっか……そうなんだ、』
『この気持ちが恋なんだ…!!!』
『分かった!!ありがと、ミナ!!』
『さーて、分かった事だし、』

















『告白してくるね!!!!』



タッタッタッタッ🏃‍♀️



























🐧[え…嘘でしょ、]
🐧[そうだった、あの子恋愛始めてで、駆け引きとか知らないんだった…( ˙-˙ )]
🐧[これからどーなるんだ………( ˙-˙ )]





______________________________


次回……遂にじょんぐく先輩と、お話。( ˙-˙ )



次から本当の、本編っす( ˙-˙ )←



これからも読んでね♡←

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

__린.
__린.
린.🥀 jc3/여자/한곡/K-POP/연습생/방탄소년단/bigbang/pentagon/seventeen/donce/sing songs/ballet 万端 金泰亨 _꿈. _노력. _이룬다. _부족.👼👼👼 _사랑해요. _주위에 가짜 씨가 많은.( ˙-˙ ) #My 친구 >>딸기🐰 >>민지 >>崔夢((チェム >>チロル >>ら い お ん 君 . >>riyu💩 리오,사랑해 __________________________________ 自慢たいむ、 ※ここからは自己満なので、こういうの嫌な人は見ないでね!?!?( ˙-˙ ) >いとこ芸能人。 >>お母さんの弟、芸能会社社長さん。 >>>韓国の事務所の練習生の友達いる。 みんなの事尊敬してます。