無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

13話
そんなこんなでもう校門前。( ˙-˙ )←雑かよ。


まぁ!?

美男美女が!?

一緒に登校してたら!?

そりゃ!?

みんな!?

さわぐよね!?


((いや、うるさ( ˙-˙ )


あなたちゃん達、とっても騒がれてます♡←


あ、ちなみに、入学して一日で、あなたちゃんの美貌と勇気から、とっても有名になったあなた氏。( ˙-˙ )


女子《キャァァァァァ\(//∇//)\》


女子《じょんぐく先輩いいいぃっ!\(//∇//)\》


女子《じみん先輩もよおおおぉ!\(//∇//)\》


男子《やっべぇ、あなたちゃん可愛い…》


男子《でも、もうじみんとぐくがついてんのかぁ、》


男子《それにしても可愛すぎね?》


女子《あなたちゃん…女でも惚れるわっ\(//∇//)\》


((この学校いい人ばっかりだわね( ˙-˙ )←


『やっばぁ、凄いな、声が。( ˙-˙ )』


🐰、🐤「きみのせいだよ( ˙-˙ )」


『は、?なにを言ってるんですか。あぁ、ついに頭おかしくなりました?なるほど、了解です( ˙-˙ )』


🐰「は、うざ( ^∀^)」


🐤「なにㅋㅋㅋあなたちゃん四次元?ㅋㅋ」


『あなた達のせいでこんなにも女子が集まって奇声をあげてるんですよ?』


『あれ、でも男子も…( ^∀^)』


『とゆう事は、あなた達がかっこよすぎて、男まで惚れさせた、と、そう言う事ですね( ˙-˙ )』


🐰「なんなの?あほなの?ばかなの?天然なの?( ˙-˙ )」


『ひどい言いようだな、おい( ˙-˙ )』


🐤「いや、でも事実っちゃ事実ㅋㅋㅋ」


『なに!?じみん先輩まで!?なになに、みんなおかしくなったの!?お!?( ˙-˙ )』


🐤「あなたちゃん、めっちゃつぼなんだけど。ㅋㅋㅋ」


🐤「めっちゃ面白いよ🤣」


『じみん先輩まで…もうわたくしはどうすればいいのか…( ˙-˙ )』


🐤「……ㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋ🤣」


『…もう!なにがそんな面白いの!?』


🐤「ごめん、ごめんㅋㅋ」


🐤「いや、ほんとに面白い子だなって?ㅎㅎ」


『…あ、そ、そうですか、//』


🐤「変なとこで照れるなよㅎㅎ」


🐤「こっちまで恥ずかしくなるわ!」





























































































































































お?( ˙-˙ )


じょんぐくしぃ( ˙-˙ )


めっちゃこっち睨んでくるんですが( ˙-˙ )


_____________________________

分かんない、分かんない( ˙-˙ )
なんか、分からんのですが( ˙-˙ )
なぜか( ˙-˙ )

米と、♡の通知がこなくなった( ˙-˙ )

まってやだやだ( ˙-˙ )

皆様に感謝を伝えたいのです、わたしは( ˙-˙ )

という事で、米は相変わらず必ず返信いたします!

ですが!探すのに時間がかかるかもなのはご了承くださいませええええええ。( ˙-˙ )