無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第23話

怪我
JINside

















ドンッ















JN「?!なんの音?」

あなた「うわぁー!!!」

















JM「何?!あなたどうした??」
JK「あなた!!どこ?!!?」
あなた「.....ここ...」















僕達があなたの所へ行くと動けなくなっていた。
よく見ると足首がすごく腫れてる。













TH「あなた!動ける?ライオンさんいる?←」

絶対それ、今じゃないよね

NJ「どうしよう...あ、病院に電話...!」


バキッ


NJ「あっ.........」

え、電話壊した

しかもなんでよりによって今?

JH「あ、ヒョン!何してるんだよー」
NJ「ごめん...こんなはずじゃ...」
JN「あー、分かったから早く病院手配してよ」
NJ「あ...うん!」





JN「あなた、痛い?」
あなた「うん...動けない...」
JN「触るよ?」
あなた「痛っ...」
JN「え?!ごめん!大丈夫??」
あなた「うん!大丈夫...」







多分、重度の捻挫だと思う
骨折まではしてないけど、足がひどい状態だ...
こんなに夜だから病院やってるかな?










JN「何してこうなったの?」
あなた「机の脚に左足をひっかけちゃって、その時に捻っちゃったらしくて...」
JN「そっか...」





新しい机買わなきゃな...
みんな転んでたからイヤな予感したんだよね...
よし、明後日買いに行くか!←








NJ「ヒョン!病院が手配出来ました!」
JN「おっ!じゃあ、車出すよ!」
JH「ヒョン!ユンギヒョンどうする?」
JN「声かけてみて起きなそうならそのままで行くよ!」
JH「りょ!」













JH「ヒョン、今から病院行くんですけど一緒に行きますか?」
YG「...なんで病院行くんだ...?」
JH「あなたが怪我したんですよ」
ガバッ
YG「まじ?!」
JH「はい、行くなら早く!」
YG「おk、今行く!」


















JN「みんな準備はいいか?」
ミンナ「おk!」
JN「よし!じゃあ、出発!!」








































NEXT

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

めろんぱん。
めろんぱん。
バンタン好きな女子 更新🐢です コメントたくさんくれると嬉しいです🥴
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る