無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

嫉妬
あなた((ムスッ











なんで私がムスッとしてるかって?



それは、クオズとジンオッパが他のヨジャグループの女の子達と楽しそうに話してるから。

いつも私には見せない顔で。




















JK「あなた!!」
あなた「何?」
YG「顔死んでるよ」
あなた「死んでないもん」
JH「嫉妬してるのー?笑笑」
あなた「オッパ達には関係ないもん」








楽しそうだな...

色気のない年下よりも、年が近い、可愛い女の子の方がいいんだな...








NJオッパはマネヒョンと打ち合わせしてるし...


























よし。



















仕返ししてやる!!



















あなた「オッパ、手伝って」
YG「なんか、あなたがやる気だぞ笑笑」
JH「こわーい笑笑」
JK「見守るしかないですね笑笑」



















JM「あなた、オッパと一緒に...」
あなた「ぐったん、一緒に自販機行こ」
JM「ぐったん.....だと?」
JK「いいよん」
JM「あ.....僕も!」
あなた「早く行こ」















TH「あなた、オッパって呼んで?」
あなた「ユンギオッパ、セルカ撮ろ?」
TH「え.....僕も.....」
YG「おぉ、いいよ」
あなた「オッパと顔交換だー」
TH「あなた.....」
















JN「あなた、一緒にお菓子.....」
あなた「ホソクオッパ、ダンス対決やろ!」
JH「おぉ、やろ!勝つのは僕だからね!!」
JN「あなた―.....」



























JM「あなた―――...」
TH「オッパ、寂しいよ?」
JN「オッパとお菓子、やだ?」←




















YG「そろそろ話してやったら??笑笑」
JH「後がめんどくさそうだからね笑笑」
JK「僕のあなたです。やめてください。」




















あなた「オッパ達は、私と話すよりあのヨジャグループの女の子達と話す方がいいの?」




ぽつりぽつりと話すあなたの目はだんだん涙目になっていく。















JM「え?」


あなた「オッパ達、楽しそうだった。私と話してる時と違う感じだったから.....」


TH「え、それって.....」

JN「嫉妬してくれたの?」


あなた「そうなるかな...」



















JM「可愛すぎるー!!」
JN「オッパはあなたしかいないよー!!」
TH「大好きー😘」←















JK「僕のあなたなのに.....」






















この後、JKに説教されたのは言うまでもありません笑笑
























NEXT

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

めろんぱん。
めろんぱん。
バンタン好きな女子 更新🐢です コメントたくさんくれると嬉しいです🥴
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る