プリ小説

第20話

四次元くん
今日は土曜日。



























TH「がぉー!!このライオン様がお前を食べちゃうぞー!!」
あなた「きゃー!!」
TH「こらー!待てー!」
あなた「助けてぇー!笑笑」








ガチャ







JK「どうした?!??!」
あなた「お、ぐぅ!テヒョンオッパに食べられそう!!」
JK「なんだって!僕がやっつけてやる!かかって来い!」
TH「(えー、グクとやるのか...絶対負けそうだよ...)よし!行くぞ!」





コチョコチョ





TH「あはっはっはっはっ笑笑笑笑 やめ.....アハハ...グク!笑笑笑笑 あはっはっはっはっ!」
あなた「ストーップ!!」

・ω・ ピタッ

TH「はぁ...」
あなた「これでわかったか!」
TH「分かりました、すいませんでした...」
JK「いぇーい!」
あなた「やったね!」
TH「ちょっと待って」
あなた「??ん?」
TH「よくよく考えてみたらなんでグクがいるんだ?」
JK「え?あなたが〔助けてー!〕って叫んでるのが聞こえたからですよ。」
TH「それで、自分の部屋から走って?!」
JK「はい。それぐらいなんの問題もありません。」
TH「.......すげーな、お前。」
JK「いやぁ、それほどでもー😉」
TH「褒めてねーよ」
JK「( ˙-˙ )」
あなた「オッパ達、大丈夫??」
JK「全然平気だよ、あなた!」
TH「いや、お前早く自分の部屋戻れよ」
JK「え、ひどい」
TH「いや、お前は戻って明日に備えろよ」
JK「ハッ!そうでしたね。じゃあね!あなた!!」
あなた「うん!ばいばーい!」







バタン












TH「はぁ.....疲れたな.......」
あなた「でも、楽しかったよ!」
TH「それなら良かった!」
あなた「ねね、ライ先輩とオン先輩は?」
TH「ライ先輩ならそこで寝てるよ!」
あなた「え?もう寝てるの?」
TH「うん!ライ先輩は早寝早起きだから!」
あなた「さっき、私たちが騒いでてうるさくなかったかな?」
TH「あー.....ライ先輩、ごめんね?」
あなた「ごめんなさい」
TH「オン先輩は、こっちだよ!」
あなた「あ!こんな所に!こんばんは!」
TH「( *ˊꇴˋ)エヘッ あ、もうオン先輩も寝るって!」
あなた「あ、そうなの?じゃあ、おやすみなさい!」
TH「おやすみなさい!!」






あなた「私たちも寝よ!」
TH、アナタ「おやすみなさい!!」





























NEXT

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

めろんぱん。
めろんぱん。
バンタン好きな女子 更新🐢です コメントたくさんくれると嬉しいです🥴