無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第26話

久しぶり2





車の中
















JN「どこ行くか決まったー?」
JM「ちょっと待ってください、ヒョン」
「あなた、どーするー?」
あなた「どこ行こー...洋服も見たいし、映画も見たいし...」
JK「あ、ねねー!これは?!」




グクオッパが出してきたのは...




TH「うわー!ここいいねー!!」





それは美味しそうな食べ物屋さんが沢山載ったパンフレット。







あなた「うわー!!!可愛い!!!」
JN「ちょっと見せてよー!」
NJ「ヒョンは運転に集中してください」
JN「( ˘-з-)」
TH「僕、これ食べたい!」
あなた「私も!」
JK「僕これ!」









あなた「でも、こんなに食べたら太りそう...」
JH「あなた、ダイエットしてるの?」
あなた「し、してないよ!!」
JN「あなた、オッパのご飯キライなの?」
あなた「ち、違うよ!!ただ...」
TH「ただ?」
あなた「テレビでArmyの前に立つ時にお腹がぽっこり出てたら恥ずかしいじゃん?」
JM「何言ってんの!あなたは全然太ってないじゃん!細すぎるぐらいだよ〜」
あなた「そ、そうかな?」
TH「そんなに気にし過ぎてたら、食べたいものも食べられなくなっちゃうじゃん!」
JK「食べられる時に美味しいもの食べた方がいいよー!!」
あなた「そうだよね!よし!今日はいっぱい食べるぞー!!」
ミンナ「おー!!!!」












到着












JN「よし!まずはどこから制覇しようか?」
あなた「ここ!クレープ食べたい!!」
JM「よし行こう!」
NJ「これから食べられるかな?」
JK「食べられそうになかったら僕が食べますよ、ヒョン」
NJ「遠慮しとく」
JK「え」









あなた「うーん!!美味しい😋」
JH「あなたは美味しそうに食べるね😊」
あなた「だって美味しいんだもん😋😋」
JM「ほら、クリームついてるよ」

フキッ

あなた「/////ありがとう...」
JN「おい、ジミナ!なに、あなたをキュンキュンさせてるんだよー!」
JM「え、気のせいですよー」
TH「あなた、顔赤い...」
JM「え?」
あなた「/////」
JM「////(可愛い...)」
JK「ヒョン、後で来てくださいね?(圧」
JM「え」
あなた「次、あれ食べたーい!」
BTS「あ、話そらした」
あなた「オッパ達早くー!」













この後食べすぎて、ナムジュンオッパがフラフラになっちゃいました笑














---------------------

안녕하세요😊
めろんぱん。です!


最近、🐢よりも更新が遅くて申し訳ないです...

なるべく更新できる時に頑張ってするので、
お気にいり、外さないでください涙

それでは안녕!















NEXT