プリ小説

第27話

聖なる夜
シャンシャンシャンシャン






今日は12月25日🎅🏻





JNside







あなた「オッパ、おはよう!」
JN「あれ、今日は起きるの早いんだね」
あなた「だって、今日はサンタさん来てる日だよ!」




そう、あなたはサンタさんをまだ信じてる。





JN「そっか☺️何頼んだの?」
あなた「うーんとね、内緒!」
JN「えぇ.....」


JM「あなた、おはよう!」
あなた「あ!おはy.....」
TH「メリーーー!!!クリスマスぅーーー!」
JK「クリスマスぅー!!!!」
JH「メリクリほびぃぃぃぃぃ!!!」
あなた「め、メリークリスマス...」
TH「僕のサンタさん来てるかな?」
NJ「お前はいい子じゃなかったから来ないんじゃないの?笑笑」
TH「ヒョン!それは冗談でも言っちゃダメですよ」
NJ「え、ごめん」


あなた「あ!サンタさん来てた!」
JN「中身なんだったの?」
あなた「見て!アピーチの抱き枕!」




いや、中身可愛いかよ←

でも、オッパはあなたの手紙読んだよ😙

可愛かったなー←



---------------------------------------------------------------


サンタさんへ

私は今年1年間いい子にしていました。

なので、アピーチの大きい抱き枕をください。

あと、7人のオッパ達にもカカオフレンズのぬいぐるみをください。

今年はすごく寒いですが、風邪をひかないように気をつけてください。

それではお元気で。


P.S. ツリーの近くの机にトナカイ用の牛乳と サンタさん用のクッキーと飲み物を置いておきました。ぜひ食べてください。




あなたより


---------------------------------------------------------------






可愛かったよね←

そういう純粋なところ好き←









...ぱ


...っぱ


...オッパ


オッパ!!






あなた「オッパ!」
JN「...ん?なに?」
NJ「ヒョン、キモイです」
JN「え?」
JM「なんかニタニタしてました」
JN「ガチか」



あなた「オッパたち!見て!」
TH「どうした?あなた」
あなた「オッパたちのプレゼントあった!!」

BTS「え?」


JN「誰か買ってきた?」
NJ「いえ...誰なんだろ...」



あなた「オッパたち早くー!うわぁー!」
JK「あなた、どうした!?!!」
あなた「ライアンだ!」
BTS「え?」
あなた「可愛い💕」

YG「...おはよう」
あなた「あ!オッパおはよう!見て!」
YG「...お、良かったじゃん」
あなた「オッパたちにもプレゼント来てるの!」
YG「...ふーん」
あなた「ほら!」
YG「おぉ.....」


NJ「もしかしてユンギヒョンなんですかね?」
JH「そうなのかな?」
JK「あなたがサンタさん宛に僕らの分まで頼んでくれてたけど...」
あなた「オッパ、サンタさんっているんだね!!」
JN「そうだね☺️」





NJ「ユンギヒョン」
YG「...んぁ?」
NJ「あの7人分のライアンってユンギヒョンが用意したんですか?」
YG「いや?俺じゃないよ」
NJ「そうですか...」







僕はね、本当はユンギって知ってるんだ。

ユンギはあなたの手紙見て嬉しくなったんだって。

だから隠れサンタになりたかったんだって。

ツンデレユンギー笑笑

優しい面もあるんだからなー☺️☺️











JM「ヒョン!みんなでご飯行きましょうよ!」
JN「おぅ!!」
あなた「何食べに行くの?」
TH「内緒ー!!」
あなた「内緒かぁー」



















この後、みんなでフレンチを食べに行ったよ

本当に幸せだったよ☺️

来年もサンタさんになろうと思った🎅🏻














NEXT

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

めろんぱん。
めろんぱん。
バンタン好きな女子 更新🐢です コメントたくさんくれると嬉しいです🥴