無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

LDHの妹
NAOTO
あなたどうしたの?(隣に座り背中をさする)
あなた
NAOTOさーん(泣きながら抱きつく)
NAOTO
わ、わ、もうどうしたの?
あなた
(それどころじゃない)
NAOTO
(..、)ヾ(^^ )ヨシヨシ
片寄涼太
NAOTOさんどうしたんすか?
NAOTO
涼太いいところに来た
片寄涼太
NAOTO
俺これから雑誌取材で行かないといけないからあなたお願いしていい?
片寄涼太
りょ、了解しました

取り敢えずAyaさんに状況聞いときますか?
NAOTO
そうだな

多分レッスン中だったんじゃないかな

頼んだ

あなたごめんね(頭を優しく撫でる)

(去る)
片寄涼太
さて、どうしたものか

(AyaさんにLINEで聞く)そいうことか

レッスン室戻れそう?
佐野玲於
涼太どうしたのー?

あれ、あなたじゃん

この泣き虫さんはどうしたのかな?
あなた
(頭を左右に振る)
片寄涼太
こういうことらしい(AyaとのLINEを見せる)
佐野玲於
なら俺らの楽屋来いよ
片寄涼太
行こ(手をさしだす)
あなた
(頷く)
------------------------
作者
読者の皆さんこんばんは

作者です

たくさんのコメントありがとうございます

コメントをいただいてるあいだにお話の構成が出来てきました。ありがとうございます。

亜嵐くんは次回に出てきます。

これからもよろしくお願いします
「いいね」やコメントをしよう!
作者に気持ちを伝えて応援しましょう ♡