無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第75話

#41-14
スタジオにて
中居「あなたさん、初めて言われたということでどうですか?」
あなた

今日ここで言うこと決めてからすごく不安で、さっきも見ながら手が震えてたんですけど、隣にいた怜奈さんがずっと手を繋いでてくれて不安が少し和らいで今ホットしています

中居「鷲尾さんはVTRを見られてどうですか?」
鷲尾伶菜
鷲尾伶菜
あなたちゃんは、事務所のアーティストの中でも最年少でE-girsの中でも最年少で甘えん坊さんの妹だったんですけど、初めてこうやってお姉ちゃんなあなたちゃんを見れてホットしましたね
撮影終わり後楽屋にて
鷲尾伶菜
鷲尾伶菜
あなた(抱きつく)
あなた

怜奈さん?

鷲尾伶菜
鷲尾伶菜
もっと甘えていいんだよ

もっと頼っていいんだよ

あなたは、施設では最年長かもしれないけどうちらからしたら可愛い最年少なんだよ

辛かったら泣いていいんだよ
あなた

、、、(涙)(今までに見せたことの無い泣き方をする)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

V6大好き
V6大好き
ジャニーズ大好き AKB48大好き LDH大好き HIGH&LOW大好き スーパー戦隊、仮面ライダーシリーズ大好き 超星神グランセイザー大好き でーす
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る