無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

テテVer.最終回?
て、テテオッパ……
ねぇ、どうしてなの?…
まだいかないでよ、
私をひとりにしないで!
千里
あなた、
千里
まだ死んだとは言ってない、だから、きっと大丈夫だよ!
でも、目覚めても、私のこと、私なんか…
千里
そんなこと言わない!
千里
あなた、それでも大事に思ってるわけ??大事な兄なんでしょ?そんなもう無理みたいな諦めた言い方しないで!
っ、そう、だよね、テテオッパは唯一の兄。兄が二人いても1人失っても絶対嫌だから!(泣)
??  そんなに大事に思ってたんだ……
その声が聞こえた直後私の手を誰かが握ってくる
私は、ぱっとテテオッパの方を見た
て、テテオッパ?、(泣)
テテオッパ
テテオッパ
ㅋㅋ、そんなに泣いてたらいつもの顔が台無しだよ?あなたは笑ってるのが1番
テテオッパ~!!(泣)
千里
ホッ、よかったね。あなた
うん!テテオッパ
テテオッパ
テテオッパ
何?
大好き!
テテオッパ
テテオッパ
ㅋㅋ俺も
コンコンッ
テテオッパ
テテオッパ
あ、どうぞ
ドアが開いた瞬間、そこには点滴棒を引きながら少しだけ弱々しいグクオッパの姿が見えた
あ、グクオッパ!!
グクオッパ
グクオッパ
もう~、テテオッパのことばかりだな、俺のとこ一回も来なかったじゃん、
だって、
グクオッパ
グクオッパ
まあ、分かるよ。俺よりテテの方が1番酷いし、生死をさまよってる時だったもん
グクオッパ
グクオッパ
俺ちょっと体が痛かったからすぐに行けなかった。ごめんよ?テテ
テテオッパ
テテオッパ
ああ、全然いいよ
ほんとに二人ともよかった!
グクオッパ
グクオッパ
ま、テテが生きることが出来たのはきっとゆいの生きてって気持ちと大好き、愛してるって気持ちがあったからだと思うよ
テテオッパ
テテオッパ
俺、それおもった
え?、私なんて何にも役に立ってないよ?
テテオッパ
テテオッパ
そんなことないし、
💦
とにかくほんとによかった、これからも一緒にいようね!



愛してます!この世界の誰よりも!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ユイウイ♥️
ユイウイ♥️
こんにちは、ユイウイです!私は主にBTSの話を作りますのでよろしくお願いします!
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る