無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

6話


















































私、実はね…












































学校で、いじめられているの、
苦しくて、




心配かけたくなくて
ずっと黙ってた
でも、もう我慢の限界
いじめと2人が喧嘩してるのが嫌だから、私はいなくても大丈夫なんだって
今頃気づいちゃった
だって、いじめるのってウザいとか消えればいいとか思ってるからするんでしょ?


それに、2人が喧嘩するのも私のせいなんでしょ?


なら私が消えたらいじめもされない、2人とも喧嘩もしない
私が辛くない
だったら…
気づいたら、グクオッパから逃げて、屋上に来ていた
う、、
涙が自然とポロポロ出ていた
(???)あなた?
その声は懐かしくて
大好きな声だ、
お、お母さん?
お母さん
どうしたの?何で泣いてるの?
グスッ、お母さん!
お母さん、どうして?、
お母さん
あなたが泣いてるのに放っておけるわけないじゃない
お母さん!
お母さんは私が5歳の時に他界した
でも、、なのに、どうして?…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ユイウイ♥️
ユイウイ♥️
こんにちは、ユイウイです!私は主にBTSの話を作りますのでよろしくお願いします!
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る