無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第14話

グクVer.最終回?
作者
ほとんど一緒かもしれませんがそこの所はよろしくっ(*`・ω・)ゞ
あ、グクオッパ…
そこには頭に包帯と体に酷い傷を覆っていて、目を閉じているグクオッパの姿があった
やだ、どうして、?どうしてなの!
いやー!!!(泣)
千里
あなた、落ち着いて!
やだやだ!どうしてよ!!(泣)
千里
まだ分からないじゃない!あなたが勝手に死んだと思う気??
(泣)
ガラガラ!
テテオッパ
テテオッパ
あなた!
あ、テテオッパ…
千里
どうも、
テテオッパ
テテオッパ
はい、
テテオッパ
テテオッパ
で、あなた、大きな声出しすぎ
ごめん、
??  ほんと、やっぱあなたが必死になったらうるさいよねㅎㅎ
え、
テテオッパ
テテオッパ
あ、
グクオッパ
グクオッパ
ごめんよ、心配させて、
グクオッパ!!(泣)目覚めたの!!?
グクオッパ
グクオッパ
目覚めたから喋ってんじゃんㅎ
グクオッパ、
よかったーーー!!!!!
グクオッパ
グクオッパ
う、うるさいって!
テテオッパ
テテオッパ
ほんとそれㅋㅋ
テテオッパ!グクオッパ!これから一緒にいてくれる?(泣)
テテオッパ
テテオッパ
おう!
グクオッパ
グクオッパ
もちろん!
ありがとう!愛してる!
グクオッパ
グクオッパ
俺もだよ、あなた
テテオッパ
テテオッパ
愛してる
ㅋㅋ照れるな~、
テテオッパ
テテオッパ
なんだよ…それㅋ
グクオッパ
グクオッパ
ま、俺たちはずっと一緒だからね
うん!もちろんだよ!
そして、無事退院することが出来ました。これから楽しい毎日を迎えられましたとさ(˙˘˙̀ ✰
作者
ということで今までありがとうございました!まあ、この小説はプロローグ的な感じでいくつか出すかもしれませんが、その時も見てくださいね!そして、反日が何?と、突然やってきた防弾少年団も是非とも見てくださいな!いいね外さないでね(上目遣い)それじゃあまたいつかあんにょーん

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

ユイウイ♥️
ユイウイ♥️
こんにちは、ユイウイです!私は主にBTSの話を作りますのでよろしくお願いします!
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る