無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

8話
あれから半年後



ガチャンッ!
ちょっと〜!グクオッパー!何してんの!?
テテオッパ
テテオッパ
あ、グクの野郎、食器落としやがった、
グクオッパ
グクオッパ
ㅎㅎ
テテオッパ
テテオッパ
何笑ってんの?て、これ俺が大事にしてた食器じゃねぇの!?
グクオッパ
グクオッパ
ごめんごめんて、
テテオッパ
テテオッパ
どうなるか分かってんの?( ^∀^💢)
ちょ、やめなって、食器ごときでさ
テテオッパ
テテオッパ
そういうならあなた買って?これ何円だと思ってんの?
テテオッパ
テテオッパ
せっかく売ろうと思ってたのに…
え、そういう問題?、で、何円?
テテオッパ
テテオッパ
え?買ってくれんの?
いや、値段で安かったらだけど、
テテオッパ
テテオッパ
1つㅎㅎ10万円
は????!!!!!「大声
それをあと3個?!フザケンナー!!
テテオッパ
テテオッパ
う、うるせぇ!!
グクオッパ
グクオッパ
ごめんちゃいね、テテオッパ♡
テテオッパ
テテオッパ
調子乗っていいのかな、( ^∀^)
グクオッパ
グクオッパ
ご、ごめんなさい〜!
ㅋㅋ








この日常が当たり前になってきた、








でも、心配になってきたこの日常は続くのかなって…


人生っていろんなことあるもん、そんな簡単にいくわけない

























































ねえ、
















私たち、ずっと一緒だよね?
もう離れたりしないよね?、










オッパ、どうして?…
え、今なんて…
千里
だから、あなたのお兄さん、事故にあって、今病院
作者
ちなみに、千里は友達になったという設定です
う、うそ、
どっち?、
千里
どっちも何も、1人は、もろひかれて、意識不明。もう1人はその人を助けようとした。ま、その人は重傷だけど、意識はしっかりしてる。




病院にて
ど、どうなんですか!!、助かるんですか?!
医師
えー、助かるのは助かるのですが、記憶喪失になる確率が90%で…
医師
もし、記憶喪失が確定したら、記憶が戻ることはないでしょう、
そんな、、.°(ಗдಗ。)°.
千里
あなた、その10%を信じようよ、
う、うん、グスッ
医師
こちらです。
や、嘘、
千里
お兄さん、、
作者
はい、えー、意識不明のオッパはどっちがいいですか?(?
作者
コメントで、テテオッパか、グクオッパかしてくださいね。
作者
コメントくれなかったら、泣きます。家の中で号泣します。《勝手に泣いとけ!
作者
お待ちしてます
作者
じゃあ안녕✌️

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ユイウイ♥️
ユイウイ♥️
こんにちは、ユイウイです!私は主にBTSの話を作りますのでよろしくお願いします!
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る