無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

7話
(お母さん…どうしてここにいるの?、
(だってお母さん、私が5歳の時に…
お母さん
あなた、来て?
え?、…
お母さん
離れてるじゃない、もっとこっちに来たら?
あ、うん
私はそう言うと、お母さんの方へ足を進めた
でも、それは…
(???)あなた!!
っ、!?
バッ!
テテオッパ
テテオッパ
お前、何やってんだ!
ッ!テ、テテオッパ!
テテオッパ
テテオッパ
お前、死のうとしてたの?
テテオッパ
テテオッパ
どうもそうみたいだな…
て、私何で屋上なんかに?、
グクオッパ
グクオッパ
あなた!
あっ、グクオッパ!
テテオッパ
テテオッパ
グク、お前、あなたを見放したのか?
グクオッパ
グクオッパ
そうじゃなくて、
テテオッパ
テテオッパ
そうじゃなくて?
グクオッパ
グクオッパ
あなたが行きたそうだったから、、
テテオッパ
テテオッパ
はぁ、そんなの理由になるかよ、ふざけてんの?
まただ、やっぱり嫌だ、
もうやめて!
テテオッパ
テテオッパ
グクオッパ
グクオッパ
あなた、
私が悪いのよ、死のうとしたし、2人は喧嘩するし、
、いじめられるし、…
グクオッパ
グクオッパ
え?。
テテオッパ
テテオッパ
お、お前、いじめられてんの?、
ッ!な、
グクオッパ
グクオッパ
ど、…し、て…
え?、
グクオッパ
グクオッパ
どうして、気づいてあげられなかったの?、
グクオッパ
グクオッパ
っ、
テテオッパ
テテオッパ
グク、、俺もだ、
グクオッパ
グクオッパ
え?
テテオッパ
テテオッパ
俺も、あなたの事見てあげられなかった、ちゃんと、、
っ、テテオッパ、
バッ!



私はグクオッパとテテオッパに抱きついた
そして、
オッパ〜、大好きだよ、…?グスッ
グクオッパ
グクオッパ
あなた、俺も
テテオッパ
テテオッパ
、あなた
ん?、グスッ
テテオッパ
テテオッパ
俺、気づいてあげられなくて悪かったな
グスッ、テテオッパー!
テテオッパ
テテオッパ
俺もちゃんと好き、大好きだよ、
テテオッパ〜(泣)
その後は、3人でみんなの気持ちを聞き会った、







大好きだよ?、って
作者
じゃジャーン新しい小説出た!後もうちょっとでこの小説も終わるんでよろしくね!「反日が何?」も読んでね!
作者
じゃあ、
「全員」アンニョン👋

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ユイウイ♥️
ユイウイ♥️
こんにちは、ユイウイです!私は主にBTSの話を作りますのでよろしくお願いします!
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る