第18話

Hug
178
2022/08/05 12:04
大森元貴
今日はありがとうね!
あなた
ううん!こちらこそありがとう!
あれからは普通にパスタを食べ、たくさんお話した
あなた
楽しかった!
大森元貴
僕も!
大森元貴
またね、あなたちゃん
あなた
うん、またね
名残惜しいが、もう家の前に着いてしまったからには車から降りるしかない
あなた
じゃあね、どうもありがとう
そう言って車から降りようとしたとき
軽く腕を引っ張られて、振り返ると私は元貴さんの腕の中にいた
いやどういうドラマですか?幸せ。
大森元貴
好きだよ、あなたちゃん
最後の最後までドキドキさせてくるんだ、大森元貴は。
あなた
大好きだよ、元貴くん
恥ずかしかったけど私も負けまいと思って、口に出してみた
大森元貴
…え?待って待って、思考停止中。
あなた
え、どうしたの?てか口に出しちゃうタイプ?
大森元貴
うん、まぁそんなことはいいんだけど、
急にテンション変わりすぎじゃない?
なんだかびっくりしている様子の元貴さん。それでもちょっとお顔は赤い。
勝った。((
大森元貴
あのさ、今あなたちゃん、元貴くんって言った?
あなた
え、言った。気がする
大森元貴
好き、今度から元貴くんって呼んで欲しい。
あなた
いいよ…?
あなた
元貴くん
そう言うと、はぁぁぁぁ!って感じの表情になっちゃった。
あなた
ふっ…w
大森元貴
笑うな!こっちは真剣なんだから()
あなた
あー可愛いね元貴くん、好きだよw
大森元貴
ねぇ、あなたちゃんってそんなこと言うタイプだったんだね、想像つかなかった
え待って、嫌われた…?
あなた
…ごめん
あなた
もうこんなことしないから、お願いだから嫌わないで!
大森元貴
…ふっw
大森元貴
すっごい必死じゃん、でも残念、嫌ってなんかないんだ、むしろより大好きになった。あなたちゃんのそういうとこ最高w
あなた
何それ…w
あなた
良かった、ありがとう(?)
大森元貴
うん、大好きだよ、あなたちゃん
あなた
大大大好きだよ、元貴くん
さすがにお互い照れてきた
でもそれとは関係なしに、いつまでもハグしていた

















明らかにテンションおかしいです。なんかすみません。

作者より

プリ小説オーディオドラマ