第20話

癒しと暴言
151
2022/08/18 23:31
電話
あなた
あ、もしもし元貴くんー?
大森元貴
もしもし、どうしたの?
あなた
なんかうちの葵に朝から呼び出されてね、昨日の車の中のことが週刊誌に見つかったみたいなの
大森元貴
ね、僕も今事務所から帰ってきたところ
あなた
あっ、そうなの、バタバタさせちゃってごめんね?
大森元貴
ううん、全然いいよー
あぁ、朝から癒し
葵(マネージャー)
早く本題入って
あなた
ごめん
あなた
で、事実ですって言っちゃっていいのかなって
大森元貴
あなたちゃんが良ければいいよー
あなた
りょーかいっ、ありがとう
大森元貴
いーえっ
あなた
じゃあまたね
大森元貴
ばいばいっ



何だこのゆるゆるな通話は()
あなた
てことで、葵、大丈夫でした、ご迷惑おかけしてすみませんでした
葵(マネージャー)
あ、はい()
葵(マネージャー)
てかいきなり仲良くなりすぎね?昨日のこと全部話しなさい
あなた
えーっと、
そうして私が葵に全部を話した頃、ようやく陽斗が口を開いた
陽斗
…え、待って、お前の彼氏元貴って名前なの?
あなた
そうだよ
陽斗
苗字は?
あなた
大森
陽斗
は?
すっごいびっくり仰天みたいな顔してる
陽斗
あの大森元貴?
あなた
そそ、ミセスの、人間の領域を超えたあの方
陽斗
お前よく分かってんな、いやそんな場合じゃなくて、お前みたいなやつが大森元貴と付き合えるの?どうした世の中
軽く暴言
あなた
待って、陽斗は私のこと嫌いかもしれないけど、私そんな悪い人間じゃない()
陽斗
は?ふざけんな((
全く何にキレてるのだろうか
あなた
一体私が何をしたってのさ!
葵(マネージャー)
いや本当だよね、何で陽斗はあなたのこと嫌いなの?



こうして同窓会が始まる

プリ小説オーディオドラマ