無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

〜一松〜
俺は一松。血のつながった兄弟に恋心を抱いている。
キッカケは、ほんのささいな事だった。
15年前…
一松(5歳)
一松(5歳)
ねぇねぇ、カラ松兄ちゃあん
カラ松(5歳)
カラ松(5歳)
どうしたの?一松〜
一松(5歳)
一松(5歳)
「けっこん」ってしってる〜?
カラ松(5歳)
カラ松(5歳)
しらない〜けっこんってなぁに?
一松(5歳)
一松(5歳)
好き好きどうしがずっといっしょにいることだって〜!
カラ松(5歳)
カラ松(5歳)
へぇ〜そうなんだぁ
カラ松(5歳)
カラ松(5歳)
……じゃあおれは一松とけっこんする〜!ずっといっしょにいる!
一松(5歳)
一松(5歳)
けっこんする??
カラ松(5歳)
カラ松(5歳)
うん!するするっ!
だって一松のことだぁい好きだもん!
一松(5歳)
一松(5歳)
じゃあけっこんする!約束ねっ
カラ松(5歳)
カラ松(5歳)
うん、約束!
こんな感じ。
他のヤツにとったらなんでも無いのかもしれないけど、この時俺は本当に嬉しくて「ずっといっしょに居たい」って思った。
でも、18歳の時に「ずっといっしょに居る」という願いは遠ざかっていった。
あんなに元気で無邪気だったカラ松が、なぜか急に暗くなり、いわゆる「陰キャラ」になった
そして俺はというと、たくさん友達ができ、告白なんてことも日常茶飯事になっていた。
まったく住む世界の違う俺たちは、家以外ではあまり喋らなくなっていた。
なんだか、「兄弟」という近いキョリのはずなのに心のキョリがすごく遠く感じた。
そして結局何も無いまま、15年が過ぎて、俺たち6つ子は20歳になった。
そして、現在の俺達というと…
カラ松
カラ松
ハァ〜ン✨今日も俺はサイコーにロックだぁー!!✨
トド松
トド松
カラ松兄さんまた鏡見てるよ〜
チョロ松
チョロ松
ほっときなよ、トド松
カラ松
カラ松
どうだい一松?この服最高に似合ってるだろう?✨
一松
一松
うるさい、黙れ、死ね
カラ松
カラ松
ブラザー、つれないなぁ?✨
一松
一松
ケッ
まぁ、こんな感じで全然仲いい感じではないな。
一松
一松
よいしょっと
おそ松
おそ松
あれ、いちまっちゃんどこ行くのー?
一松
一松
部屋に戻る。てか、その呼び方やめて
おそ松
おそ松
はーい
トントントン…←(階段を登る音)
ガラッ
ギシッ←(イスに座った)
一松
一松
ふぅっ…
一松
一松
…………………
一松
一松
あぁぁぁぁぁぁーーーーーッ!!!!!!!
何でだぁぁぁぁぁーーーーッ!!!!!素直になれないぃぃぃぃぃーーーーッ!!!!!
一松
一松
カラ松ぅぅぅぅぅーーーッ!!!!!カッコ良すぎるんだよぉぉぉぉーーーッ!!!!
好きだぁぁぁぁぁーーーッ!!!!!
一松
一松
……はぁっ…スッキリした
俺は毎日、こうしていつも言えない本音をぶちまけてる
こうするとなんか安心するし。
一松
一松
(いまの、聞こえてないはずだよな?もし筒抜けだったらどうしよう…)
ガラッ
一松
一松
だれ
カラ松
カラ松
おい、一松?
え、まさかのカラ松かよ
パニクるんだけど
一松
一松
な、なんだよクソ松
カラ松
カラ松
今の、本当か?
一松
一松
は?なんの話。
カラ松
カラ松
お前が俺をす、好き…だって…
一松
一松
?!
ウソだろ!!今の全部聞こえてた…!?
カラ松
カラ松
き、聞き間違えならいいんだが…
一松
一松
き、聞き間違えだろ!!気持ちわりぃ事言うんじゃねぇ!!
やばいやばいやばいやばい
バレたかもしんない
カラ松
カラ松
そ、うか…やっぱり、そうだよな…
一松
一松
なんでそんな悲しそうな顔するわけ…
カラ松
カラ松
本当なら…良かったんだけどな
一松
一松
はッ?!何言ってんのお前!!///
カラ松
カラ松
この際、はっきり言う。
カラ松
カラ松
俺は小さい時からずっとお前が好きだった
一松
一松
は、正気か、お前?!
カラ松
カラ松
俺は真面目だ。
一松と付き合いたいとも思うし、その…抱きたい…とも思う
一松
一松
………………
待って待って待って待って
マジかよ何だよこの展開、予想外すぎんだけど!
一松
一松
エスケー…
カラ松
カラ松
え?
一松
一松
SK!!つってんだろ!!///
カラ松
カラ松
SK…?
カラ松
カラ松
(S…す、K…き、…すき…?!)
カラ松
カラ松
ぱぁァァッ…✨
カラ松
カラ松
一松!!!俺もSKだー!!!
一松
一松
うっせぇ!!ひっつくな!!////
カラ松
カラ松
一松!!明日はデートしよう!!猫カフェか?ショッピング??あ、映画館も良いなぁ!!
一松
一松
あ〜…////言わなきゃよかった…
松野一松、なんだかんだでホモになってしまいました……
作者(一松。)
作者(一松。)
どうでしたか…?あんまり上手じゃないですね…(泣)続きは書く予定です!(*´ω`*)