無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第15話

おまけ②❁⃘R18
廉
久々やんな、2日続けて休みなん
紫耀
紫耀
どっか出掛ける?平日だから混んでないよ車出してもいいし
廉
それもえぇけど…家でゆっくりしたい
廉
外やと周り気にしてくっつけんし
紫耀
紫耀
じゃ、家でゆっくりしよ
紫耀
紫耀
せっかくだから映画観る?
廉
そやなぁ…色々借りてそのままやったw
廉が演技の勉強の為と借りたまま積み重なったDVDを指さし問いかける
廉
あ、コレにしよ紫耀ええ?
紫耀
紫耀
廉の好きなのでいいよ、外国のも借りてたの?
廉
勉強とかじゃないけどな、コレは普段に面白そうやなって
廉が借りてたのは外国の恋愛映画

ソファーに座り映画を見始める

話は王道な感じのラブストーリーで面白い

映画を見てると中盤に差し掛かった時
廉
…っ
廉が少し気まずそうに目線を画面から外した

外国の映画って日本とは違って濡れ場がちゃんと描写されてるよね

ゆっくり映画観てるのも悪くないなって思ってたけど、隣で恥ずかしそうにしてる廉を見たら
紫耀
紫耀
…我慢出来ない
廉
え?紫耀…ど、どうしたん?
ソファーに置かれてた廉の手に指を絡める

それだけで身体をピクっと反応させる姿は俺の興奮材料にしかならなかった
紫耀
紫耀
キスしてもいい?
廉
ん、ええよ
優しく口づけし、段々と深い口づけに変える

廉も嫌がることなく俺の舌を受け入れる

廉
んっ…はぁ、あっしょ…う
紫耀
紫耀
…っはぁ、廉、もっと触れていい?
廉
あっ…ちょっ紫耀!
服の中に手を入れようとした時廉にとめられる
紫耀
紫耀
ん?やっぱダメ?
廉
今からするやんな…?どっちがいいん?
多分どっちが相手を受け入れるかを聞いてるんだよな?
紫耀
紫耀
俺はどっちでもいいよ廉は?
廉に触れたくて、受け入れる方は頭に無かったけど廉が望めば俺は全然いい
廉
俺も男やし、紫耀を気持ちよくさせたい
紫耀
紫耀
ん、いいよ…
俺が廉を受け入れるのかな?
廉
やけど…俺、紫耀に抱かれたいねん
廉
めちゃ恥ずいねんけど…もっと紫耀に
触ってほしい
そう言って廉は止めた俺の手を自分の胸に当て
廉
こことか…っん
手のひらが胸の先端を掠め廉が声を漏らす
廉
なんか言ってや…引いた?
廉があまりにエロいので固まってしまった
紫耀
紫耀
全然引かないし…むしろ興奮する
紫耀
紫耀
胸、触って欲しいんだ
廉の着てた服を脱がせ自分も脱ぐ
細い体が目の前に現れ胸も露わになる

初めてがソファーって体を痛めたら大変だし
紫耀
紫耀
廉、掴まってて
廉
え…うわぁっ
廉を抱き上げ寝室に運ぶ

身長は俺より高いけど全然余裕で運べる

筋肉あって良かったぁ

紫耀
紫耀
はい、到着ー
廉
ありがとな…わざわざベットまで
紫耀
紫耀
廉の体痛めたくないしね…
廉
ん、優しくしてや
紫耀
紫耀
もちろん優しくするよ
ご希望通り優しく胸をいじる

廉
ふっ…ぁ
声抑えなくていいのに

やっぱ優しくできないかも理性飛びそう

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

R
R
ナガセレンクン 𓂃𓈒𓏸 モウソウハキダシジコマン
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る