無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

俺はなんて事言ったん泊まるって急展開やろ!

もう言ったからにはしゃあなしやな

紫耀も降りてるし車もう行ったし

ロックを解除し部屋まで向う

鍵を開けて部屋に入ると何故か紫耀が玄関から動かない

廉
何してん?はよ上がりや
紫耀
紫耀
靴下脱がなくていいの?
廉
今日はっ…紫耀疲れてんから言わへんよ
紫耀なら別にええと思ってそんな忘れとった

好きになる前やったらすぐに脱がせてたのに

お風呂も先に入りやとか言ったけど

ホンマなら誰かが入った後とか入りたくないねん紫耀やから…
廉
着替え大きめの出しといたから、俺コンビニで必要そうなもん買ってくるわ
紫耀
紫耀
了解、ありがとね
ドア越しに返事が聞こえたのでコンビニ向かう

着くと歯ブラシと下着と要りそうなものをカゴに入れ会計をする

コンビニ袋を掲げ家に帰る
廉
もう出てんのかな…ドキドキがヤバいねんけど
自分の部屋やのに前に着き、いざ入ろうとすると時間がかかった
廉
…ただいま
紫耀
紫耀
あ、おかえり~お風呂ありがとね
紫耀が髪を濡らしたまま迎えに来てくれた

大きめのサイズを出したのだか紫耀には俺の大きめがピッタリらしい

服そんなんなるって、やっぱ筋肉凄いねんな
紫耀
紫耀
廉?どうしたの?
廉
あ、いや何も…あれ下着はどうしたん?
紫耀
紫耀
下、下見てどうしようかと思って、まだタオルのままなんだよねw
あ、よく見れば上は俺の服着てるけど

どんだけ緊張してんねんっ!気づくやろ普通
廉
本当やwコンビニで買ってきてから履きや
紫耀
紫耀
廉、お風呂はいる?
廉
ん、せやな入るわ…あ、紫耀コレ俺自炊出来ひんからお弁当やけど好きな方食べてて
コンビニ袋を預け風呂場へ向かい風呂に入る

…そろそろ出るか、2人きりが恥ずかしくいつもより長風呂をしてしまった
廉
あれ?ご飯食べてへんの?
廉
もしかしてどっちも嫌やった?
紫耀
紫耀
ううん、廉と2人で食べようと思って待ってただけ…どっち食べたい?
廉
こっち…
指さした方を先に温めてくれる

優しい…こんな時に好きを溢れさせないでや

2人で嬉しい筈なのに溢れる気持ちを伝えれず切なくなる

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

R
R
ナガセレンクン 𓂃𓈒𓏸 モウソウハキダシジコマン
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る