無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

おまけ①
廉と両思いになってから何ヶ月が過ぎだんだろ

最初はメンバーにも話せずにいたけど

皆に伝えた時はなんて言われるかと思ったけど

おめでとうって…海人なんか大喜びだったな

ジャニーズは噂が回るのが早いのか他のグループにも知ってる人がいたりして

祝福してくれる人がいるのと同じで祝福してくれない人もいる

ネットでもあることない事が書かれてたりね

廉
紫耀どうしたん?
廉
早く、寝ないと明日早いんやって
まぁ…俺は充分幸せだからいいけど

あの日から泊まり合うことが多くなり

今日も廉が俺の家に来てる
紫耀
紫耀
そうだね、寝よっか
廉
なぁ、もっとくっついてもええ?
紫耀
紫耀
ん、おいで?
本当に2人の時の廉が可愛いくて可愛いくて

仕事の時は付き合う前とあまり変わらない

だいたいメンバーも一緒だしスタッフさんとかもいたり2人の時間がないしね
紫耀
紫耀
こんな可愛い廉は誰にも見せたくない
廉
こんなん紫耀にしか見せれんわ
紫耀
紫耀
すっごい甘えた、ギャップ凄いよな
廉
紫耀もやん!普段は天然炸裂やのに2人やと何か余裕ある感じやし
余裕なんて無いけどね

何回も一緒に寝てんのに毎回ドキドキして

今日も心臓がうるさい廉がくっつく度に聞こえないかな?って心配になる


紫耀
紫耀
ほら、明日早いから寝るよ
廉
ん、おやすみ~
紫耀
紫耀
おやすみ
廉は寝付きがいいのかすぐに規則正しい寝息が聞こえてくる

俺は中々寝付けない

理由は廉…くっついて寝るのはいいけど

成人男性が好きな人に毎回くっつかれて何も出来ない日が続いてる

休みはないし次の日は早朝からスケジュールなんて珍しいことじゃない



紫耀
紫耀
もっと…触れたい
そう、廉ともっと触れ合いたい

まだ俺たちはキス止まり、しかも口付け程度の

互いにそういった経験はあるだろうけど男同士なので前の経験なんて関係ない

しかもどっちかは相手を受け入れる方になる

来週、たまたま2日廉と休みがかぶる

そんな事これからあるかなんて分からない

…俺、もう我慢出来ないからね

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

R
R
ナガセレンクン 𓂃𓈒𓏸 モウソウハキダシジコマン
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る