無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

Vライブ
ナムジュン
ナムジュン
방!
BTS
BTS
탄!
안녕하세요 ~!
방탄소년단 입니다~!
ジン
ジン
army!!!!
💜  ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♡
💜 全員おそろいだ!
💜 오빠ァァァ⸜❤︎⸝‍
💜 早く見れた!
ナムジュン
ナムジュン
今日はarmyのみんなにお知らせがあります!
💜  え、なになに?!
💜 何〜?!
ユンギ
ユンギ
防弾少年団に新メンバーが加わります!
💜  えぇぇぇぇ?!
💜 ヨジャ?! ナムジャ?!
ホソク
ホソク
ヨジャです(* 'ᵕ' )
💜  うそぉぉぉ
💜 え、ショック😱
💜 ヨジャなの?!🤩
ジミン
ジミン
新メンバーになったあなたです!
あなた〜
you
you
armyの皆さん、初めまして!
防弾少年団に新しく加入しました、
パク あなたです!
高1です!
あとから加入した分、遅れを取らないようメンバーにも迷惑をかけないよう頑張ります!
テヒョン
テヒョン
じゃああなた、、、
💜  え、可愛いすぎ
💜 前言撤回 私、あなたペンなる
💜 可愛いし、かっこいいし、俺惚れたわ
you
you
うん
まず私が防弾少年団に出会ったきっかけ、
数日前から一緒に居る理由を
お話します
💜  何かあったの???🥺
you
you
私は高校でいじめを受けていました、そして
家では虐待を受けていました。
それでも私を救ってくれていたのは
防弾少年団でした。実はわたしもarmyです。
それである日握手会に行ったんです。
痣もちゃんと隠したつもりが……
隠れてなかったみたいで、それで楽屋に来てとのことで、マネージャーさんに、メンバーに、全てのことを話しました。
メンバーは私を幸せにしたいから一緒に暮らそう
って言ってくれました。
私は幸せになりたいという思いで一緒に暮らすことにしました。
もちろんarmyの私が沢山いるarmyの中で1人だけこうなるのは他のarmyにとって腹が立つというか不愉快だと思います。
でも、メンバーは私のことを……
家族と言ってくれました。
私にとって家族という存在は、久しぶりでした。
それで今、メンバーと、防弾少年団の新メンバーとしてみんなと一緒にいます!

私が防弾少年団に加入するにあたって
これだけはarmyのみなさんに伝えたい、伝えなければならないと思い、今回お話しました。
ジョングク
ジョングク
あなたが言ったように、
僕たちはあなたを幸せにすると約束しました
テヒョン
テヒョン
だから、僕たちは今一緒に活動、生活しています
💜そうだったんだ……
💜頑張ってね!
you
you
これからよろしくお願いします!
しばらくして
ナムジュン
ナムジュン
それじゃあ!
よろぶん!
ばんたん(Youも)
ばんたん(Youも)
あんにょーん!
next