無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

🍸






出会ったきっかけは些細なことだった。






俺は昔、煙草を吸っていたから
その日もコンビニに煙草を買いに行った













👱🏻‍♀️「いらっしゃいませー」







女店員の甲高い声がコンビニ一面に響く



こういう耳に障る声は大嫌いだ。







人の集まる場は極力行かないようにしてるから
コンビニも早く出たくて仕方なかった








👱🏻‍♀️「いらっしゃ…」


🐭「煙草、27番お願いします。」


👱🏻‍♀️「…はいっ、少々お待ちください。」













冷たい態度をとってしまった。

最近は誰にでもこんな感じの態度をとってしまう

そろそろ治さないとな、、













NEXT