第11話

11
1,270
2022/10/01 11:51
なんかさー…


あの後ずっとバックハグされてて
バックハグされるのに慣れてきた自分が怖い


わー大変だー


なぁなぁあなたの下の名前。ここ分かるか?


突然後ろの銀髪さんにそう聞かれた


あれ…、ここって中学の時習ったところ…


もしかして銀髪さんってバカ…?←


これもわからないとはバカなのか…、
うちのお兄ちゃんとは違うタイプのバカだな…



なんかお兄ちゃんの事思い出してきたら気分悪くなってきたな…


「顔死んでるけどまさかあなたの下の名前もわからないん…?」


『は?』


今めっちゃ低い声でたわ
もうゴリラかって思うくらい()


「えっと…ちゃうからな…?えと、そのあのなんや…?とりあえずすまん」


うんごめん。そんなに焦らないで
ごめんね銀髪君、怖がらせたわ


『いや、あの違うからね!?』


「あー…おん…。」


いや待って友達(?)遠ざかっていくわ
あ、やらかしちゃった感じ?


てへぺろりんちょ♡


やべなんか今自分でやってて悪寒したわ


次からやらないようにしよ…


「…(なんか一人で色んな顔してるな…)」


今チベスナさんから視線を感じたのは
気のせいだと思う事にしよう


めっちゃ忘れてたけど、
そういえばどうやって
チベスナさんを照れさせよう…


「あ、そうそうあなたの下の名前君、バレー部来てみぃひん?」


バレー部…!
それだ!!


私がチベスナさんにカッコいいプレーをすればいいんだ!






うんもう題名から面白い
GO👊🏻

プリ小説オーディオドラマ