無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

吹き出しとなって登場します!
わたくし、吹き出しとなって登場します。そっちの方が、なんかいいかなって思って、、、
まあようするに、特に理由はないです。
ということで、吹き出しどん!!
味噌煮。
こんちゃ!
味噌煮。
まだアイコンは、準備できてないので、後々〜
味噌煮。
このスタイルが嫌な方は、言ってきて下さいね〜
味噌煮。
そして〜、ドン!
おいっす
味噌煮。
わたくしですね、女子なんですが、一人称を、俺とか、僕、にしてみたい思ってるんですよ。
味噌煮。
でも、現実でそんなこと言ったら、絶対にいじめられるし、親にも迷惑がかかるんで、もう一つのキャラを作って、そいつを、俺、僕、って言うようにしていきたいと思います!
だから、僕は、現実にはいない、味噌煮の想像で作られた人やね
味噌煮。
そうそう。
味噌煮。
じゃ、こんな感じでいいかな
味噌煮。
おつなんちゃらっていったほうがいいんかな?
わかんねー
俺オリジナル作りてえ
味噌煮。
わかる
なんかいいのないかな、、、
まあなかったら、今まで通り、
ではではまた!
で、終わります
味噌煮。
(なんかもうそれでいい気がしてきた)
味噌煮。
(まあいいや)
味噌煮。
ではではまた!
ではではまた!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

さばの味噌煮。
さばの味噌煮。
よろしくお願いします(^_^) いつ出すかは不定期です
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る