プリ小説

第12話

じゅういち
グクが眠っているのを見た私は座り込んでしまった。
You
You
グク〜ゥゥ。・(つд`。)・。
グク
グク
・・・
グクの体を揺すっても起きない。
You
You
なんで、起きないのよ…
You
You
起きてよ。グク。
なんと呼びかけてもグクはただ眠っているだけだった。






そこに医者が来た。


🏥医者」彼女さんですか?
You
You
はぁい。
🏥医者」ジョングクさんは車にひか 
れ、運ばれてきました。

最善を尽くしましたが、後は
ジョングクさんが意識を戻す
か緊急の事態です。
You
You
そうですか。。
- - - - - - - - - - - - - - - - - ✄
グクが起きなかったらどうしよ……


お願いだから起きてよ。


またグクが笑った顔が見たいよ。








私はグクの手を繋ぎ、一日中泣きまくった。











すると、病室のドアがあいた。
🚪ガラガラ 〜
テテ
テテ
きたよ。あなた
You
You
テテ〜😭
You
You
もうどうしたらいいか…グクずっと眠ったばっかで起きないし
テテ
テテ
そうかそうか…あなたは少し休んで!
You
You
ありがとう〜
テテ
テテ
俺がグクの事見とくから、、
You
You
うん。
10分後...
You
You
( ˘ω˘ )スースー…
テテ
テテ
どんなけグクが心配なんだよ笑笑
テテ
テテ
でもグク起きなかったらどうするんだよ。。
テテ
テテ
彼女の為にも早く起きるんだよ?
グク
グク
・・・
- - - - - - - - - - - - - - - - - ✄
You
You
あーゆっくり寝れた笑
You
You
テテのおかげだよ。ありがとう
テテ
テテ
いいよ。別に、あなたの寝顔見れたしね〜♡♡
You
You
やめてよね笑
You
You
てか、グク起きないね。
テテ
テテ
そうだね。何回呼びかけても喋らないや。
テテ
テテ
もうこんな時間だしそろそろ俺帰るわ。
You
You
分かった。今日はありがとうね!
テテ
テテ
うん!
You
You
ばいばい
- - - - - - - - - - - - - - - - - ✄
テテは帰って行った。








グクは私をおいていくの?








お願いだから私をおいていかないで……












グク…愛してるよ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

 유 린 💇‍♀️
유 린 💇‍♀️
@ 人 生 が わ か る の は 逆 境 の と き. heart・ favorite お 願 い し ま す. follow 返 す よ ん ッ ♡ #昔のプリ小説へ
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る