プリ小説

第5話

俺は「好きだ」って気持ちを伝えようと決めた!
テテ
テテ
ねーあなた?
You
You
どうしたの?テテㅋㅋ
テテ
テテ
あの、、
テテ
テテ
俺ずっとあなたの事が好きだったんだ。
だから、付き合って欲しい!
グク見たいにあなたの事を悲しませるようなことはしないから、
You
You
え。。ありがとう…
突然すぎて私は動揺してなんて返せばいいか分からなかった。
テテ
テテ
直ぐに言わなくていいからちゃんと考えといて。
You
You
うん、考えとく
でも私はまだ、、














心の中のすみでグクの存在がある。
私はバカだ、あんなやつのことなんか考えたくもない。






でも、、











ついどこかで考えている自分がいる。
- - - - - - - - - - - - - - - - - 
テテside
やっぱり無理かなぁ。
まだ、あなたはグクの事好きそうだし、
ハァー⤵︎⤵︎
- - - - - - - - - - - - - - - - - 
その時ピーンポーンとインターホンがなった。
テテ
テテ
はぁーい
🚪ガチャ



開けると、、













そこにはあいつがいた。
続く
- - - - - - - - - - - - - - - - - 
作者🥀
いつも読んでくださってありがとうございます!
おきにいり☆

はーと♡

染めてください🙇🙇🙇

染めてくれる子好きだよ♡♡→イヤキモイな(笑)
では안녕アンニョン🙌

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

 유 린 💇‍♀️
유 린 💇‍♀️
@ 人 生 が わ か る の は 逆 境 の と き. heart・ favorite お 願 い し ま す. follow 返 す よ ん ッ ♡ #昔のプリ小説へ
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る