プリ小説

第6話

ろく
グクside
俺はあなたに悪い事をした。


なんであんな事をしたかも未だに分からない。。







1番お前が好きだよ。
それは今でも変わらない



でも俺が欲求不満だったのかな。

あなたと付き合った最初に戻りたいな








絶対あなたテヒョン家にいるよな。
今行くよ!






あなたこんな俺でも愛してくれないか?
- - - - - - - - - - - - - - - - - 
ピーンポーンインターホンの音
俺はテヒョン家に着き、インターホンを鳴らした
すると中からテヒョンの声が聞こえた。
テテ
テテ
はぁーい
🚪ガチャ
グク
グク
テヒョン。。
テテ
テテ
お前、あなたの事、傷つけたってな
何しに来たんだよ
頭の中 グク

やっぱりこうなるよね。
分かってるよ…自分が悪い事だって…



テヒョン。

お前もあなたの事好きだったよな。
覚えてるよ…テヒョンから言われたあの言葉…

















『あなたを気づつけたら俺が容赦なく奪うって』






でもあなただけは…




奪わせない。
- - - - - - - - - - - - - - - - - 
グク
グク
テヒョン。

あなたいるよね?
テテ
テテ
いるけど。。
お前には渡さねーから
グク
グク
 ッ…
- - - - - - - - - - - - - - - - - 
あなたside
インターホンって、もしかしてグクが迎えに来たのかな。





まぁーそんな事ないよね、、






でも気になるから、見るぐらいいいよね??
- - - - - - - - - - - - - - - - - 
トコトコ歩いてます
You
You
|ω•)チラッ
頭の中あなた
本当にグクじゃん、

来たんだ。。顔も見たくないはずなのに、





何しに来たの?!


グク…何考えてるか分からないよ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

 유 린 💇‍♀️
유 린 💇‍♀️
@ 人 生 が わ か る の は 逆 境 の と き. heart・ favorite お 願 い し ま す. follow 返 す よ ん ッ ♡ #昔のプリ小説へ
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る