プリ小説

第17話

じゅうろく
あっという間に時間は流れ、







私だけが取り残されているような感じがする。







私はどこかでそんな思いがあった。






外を見れば、







ピンク色の花が咲いていた。
You
You
もうこんな季節か…
そういえばよくグクとは







お花見行ったよね。







花綺麗だね〜言ったら






あなたの方が綺麗だよ?なんて言ってくれたっけ。







その時すっごく嬉しかったな~。。







でも、もうそんなことグクはおぼえてないんだね…
You
You
グク〜?お花見行かない?
グク
グク
行く〜💓
ほんの少しの期待を信じて行くことにした。




🌸お花が咲いてるところに来た。
You
You
綺麗
私の事には関係なく、時は進んでいることはこの木を見れば分かる。
グク
グク
ほんとだね。
何故だろ…






この花を見ると心が締め付けられるように痛くなる。







すると、自然と目から涙が溢れ出した…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

 유 린 💇‍♀️
유 린 💇‍♀️
@ 人 生 が わ か る の は 逆 境 の と き. heart・ favorite お 願 い し ま す. follow 返 す よ ん ッ ♡ #昔のプリ小説へ
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る