無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

戻ってきたエース
夢主は『』で
それ以外は名前「」にします
----------------

『やっと帰ってきた』

ある者が呟いた

『皆喜んでくれるのか?』

そうやって呟きながら着いたのは







烏野高校だった

担任「今日は転校生というかずっと
怪我で休んでいた柿原が帰ってきました」

縁下「(ん?柿原てゆったか?)」

担任「それじゃ入ってこい」

ガラガラ

『紹介にありました柿原あなたです』

女子「やばい、イケメンすぎ」

男子「なんか美形すぎるな、これは」

縁下「あなたか?」

『力、久しぶりだな』

縁下「急に来るなよ…ビビるじゃんか」

『サプライズ成功だなニコッ』

縁下「なんかやられて感があるな」

『まだこれからだからな』

縁下「怪我は大丈夫なのか?」

『ああ、一応な』

あなたは1年の三学期に
疲労骨折をおってしまい
2年になるまで入院中していた

縁下「それじゃ今日から練習来れるのか?」

『ああ、もちろん』

縁下「やった、早く練習したいよ」

『おう、俺も楽しみ』

そして部活の時が来た

縁下「早く行こあなた」

『ああ、行こ力』

?「ちょっと、ノヤっさん!!」

?「あなたがいますよ!」

『ん?あれは龍と夕?』

西谷「あなた!!!もう大丈夫なのか?」

『ああ、もう大丈夫だぞ』

田中「あなた!!」

縁下「(まぁそんな反応になるか…)」

西谷「今日部活来るのか?」

『ああ、行こうと思ってる』

田中「それじゃ一緒にいこーぜ!」

『ああ、そうだなニコッ』