無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

10 ××
あれから10年。
私には永遠の命しか残っていない。
生きる気にも死ぬ気にもなれない。
しかし時間は私をただただ生かす。
例えどんな状況でも私は死ねない。
如何なる時も、いちばん怖いのは
永遠だ。
終わりが見えないのはとても怖い。
そんなことを思いながら
私は今日も生かされる。
わたしがうさぎだったら
あいつのいない寂しさに終わりを迎えることが出来たのだろうか。



--------キリトリ線--------
おわり( '-' )