無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

8 ××
どうしたら死ねるのだろうか。
あいつがいる中で死のうとするのがおかしいのではないかと思った。
家を出て、自殺した。
死ねなかった。
だから、
海に身を投げ出した。
あいつ悲しむのかな、なんて思いながら
意識が薄れていった。









































































































どれだけたっただろうか、
気がつくと元いた海に戻っていた。
また、死ねなかったのか…
今はいつだろう。
何月何日?
あの日から何時間、何日、何年経ってるのか。
家に帰って、あいつに聞こう。
ただいまって言って
また、……
あいつの笑顔を。