無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

ハルマくんとの恋愛?!
作者(笑)
ここは誰得空間です。
ハルマくん
タイトル何?
意味がわからないんだけど。
俺と恋愛?w
作者(笑)
そうだよぉー!
ハルマくん
アイコンないのに?
作者(笑)
ソウダヨー
ハルマくん
流石に意味不明すぎる…
作者(笑)
単発でいいから!
お願い!
ハルマくん
まぁ、やるしかないかぁ…
あなた

えっと…?

ここは誰トークです。
設定はおかしいですが
よろしくお願いします。
あなた

あっ、わかりました。

ハルマくん
どうも〜
元気〜?
あなた

どうも。
元気…かな?

ハルマくん
あやふやな感じ?
そっかぁ、じゃあさ?
あなた

ハルマくん
あなた、
俺がお前に
おまじないかけてやろうか?
あなた

おまじない…?

ハルマくん
そーそー!
おまじないw!
あなた

じゃあ、お願いします…

その時、あなたさんのほっぺに
ハルマくんがキスをした。
あなた

…えっ///

ハルマくん
…///
ハルマくん
元気…出たか…?
あなた

あっ、元気出ました…///

ハルマくん
ならよかった…///
カット!
作者(笑)
ヒューヒュー!
あなたさん照れちゃってかーわいー!
ハルマくんおつかれっ!
あなた

そんな…可愛いって…///

ハルマくん
あー…///あなたごめんな?
あとでこれボコっとくから。
作者(笑)
ちょ、やめてぇぇぇぇえ!!
作者逃走
あなた

こちらこそごめんなさい…

ハルマくん
いや、あの作者が悪いから…
ハルマくん
あとアイコン用意出来なくて
…ごめんな?
ハルマくん
じゃあ、またな。
作者(笑)
ハルマくんとの恋愛?!
を続けて欲しい人がいたら
コメントよろしくお願いします!
(コメント催促)
作者(笑)
では、バイバイ。