無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

私の事。
私は悩んでいる。
小さい時から泣き虫で
親にもたくさん迷惑かけて。
どうしたら自立できるかな。
もっとみんなと同じの
『フツウ』になれるのかな。
でも、それは考えてるだけ。
行動はしていない。
そんな私に対して親は
「そう思うのは暇だからだ」と言う。
どうしたら『ミンナ』と 
同じになれるかな。
でも消えても別に変わりがいる。
だから自分を消そうとした。
でもダメだった。
そんな辛い時に君は生まれてた。
それが、
私ちゃんと自分さんと俺くん。
俺くんは今のハルマくんのこと。
ハルマくんは
辛い時に否定してくれて、
バカにしてくれるそんな子。
でも優しくってなんかカッコイイ。
私ちゃんは
オシャレとかメイクに
興味があって、
メイク道具とか
買いに行こうとしてたっけ。
そして自分さんは
値段の事をよく気にしてて
親から言われた「服」の事を
覚えてて、お金の事を気にしてる子
コレは全部私の
ココロの気持ち分けするとところ。
辞めるように言われたけど、
ハルマくんは絶対に消したくない。
どうして鬱病にかかったのかな。 
これは鬱病なのかな?
とか思ってる間にも、
他のことが頭に浮かぶ。
なにを伝えたいのか、
それが分からない。
けどね、やりたいことはあるの。
本気でってほどでは
無いしあきっぽいけどね。
でもなぜかできない前提でも
言えない。
どうすればいいのかな。