無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

前回はごめんなさい。
作者(笑)
どうも!作者でーす!
ハルマくん
ハルマくんでーす
作者(笑)
前回は…なんかすいませんでしたぁ!
ハルマくん
いやいや、流石に前回のはアウト。
作者(笑)
あれはその…好奇心でぇー…
ハルマくん
言い訳は置いといて
今日のトークテーマ(笑)は?
作者(笑)
今回のトークテーマ…って!
(笑)って何?!w
作者(笑)
ちょっとひどくない?!w
ハルマくん
いや、自分でセリフ決めてるし
ひどくはないでしょ。
作者(笑)
正論)`▽˙ );、;'.・”
ここまでが茶番
そしてここらかが番茶
ハルマくん
なんか変なテロップない?
作者(笑)
気にしなーい気にしない!
ハルマくん
で?トークテーマは?
作者(笑)
…( ᐛ👐)パァwwwwwwww
ハルマくん
は?
作者(笑)
決まってません!
って言うかアイス食べたい。
ハルマくん
なぜにアイス
作者(笑)
だってあちぃし…
ハルマくん
氷でも食えば?
シロップかければ
実質かき氷じゃん。
作者(笑)
ハルマくんが冷たい…
ハルマくん
だから自分でセリフ決めてんだろ?
作者(笑)
うぁ…(´・ω・`)
ハルマくん
あ?
作者(笑)
だから冷たくしてるのか!?
ハルマくん
はぁ?
作者(笑)
こんなにあっちぃから
冷たく接して、
涼しくしてくれてるのか!
作者(笑)
でも、人と接するときは
暖かくした方がいいよぉ(*´ω`*)
ハルマくん
意味がわからんって事で
今回はここまでにしたいんだけどさ…
作者(笑)
おっ!りょうかーい!
ハルマくん
トークテーマ決めてすらいないよな?
作者(笑)
Σ(・ω・;)ギクッ
ハルマくん
流石にここで終わらせねぇよな?
(暗黒微笑)
作者(笑)
ひぇぇぇぇええ
作者(笑)
ということで、おしまいっ!
ハルマくん
あっ、てめぇっ!
作者(笑)
バイバーイ(^_^;)