無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

私のこの作品(笑)を見てくれるあなたへ。
まずは私からお礼を
言わせてもらいます。
本当にこの活動報告の
雑談みたいな物を見てくださり、
ありがとうございます。
最近私は絵を書いているのですが
年下の人にすら画力が勝てません。
私のアイデアは
花火のように消えてゆく。
消えた物はどこにゆくのか、
それを考えても仕方ない。と
無理やりに抑えてる感じです。
話がズレてきたので、
作者(笑)と
ハルマくんに変わりますね。
私は席から立ち、
作者(笑)とハルマくんに
出番だよ、と伝えた。

返事は無いが、
それは仕方ないことだ。
『彼ら』は居ないのだから。





作者(笑)
私ありがとー!
あっ、どうも!作者でーす!
ハルマくん
私さんありがとー
どもーハルマくんでーす。
作者(笑)
ってか!(笑)つけんなよw
ハルマくん
だって作者(笑)は
作品(笑)打ち切りばっかじゃん。
だからしょうがないよ。
作者(笑)
そうだね。
生姜、ないね。
ハルマくん
は?
作者(笑)
私はジンジャエール辛口派です。
ハルマくん
へぇ〜(無関心)
で?
作者(笑)
いや、それだけ。
ハルマくん
それだけなら喋るな。
作者(笑)
そうしたらこの空間ないよ?
ハルマくん
まぁそうなるな。
作者(笑)
難しいね。
ハルマくん
いや難しくねぇし。
何言ってんの?
作者(笑)
日本語だけど…
ハルマくん
屁理屈とかいいんで。
作者(笑)
んー?????
ハルマくん
あ?
作者(笑)
ナンデモナイデス
ハルマくん
ところで作品投稿しないのか?
作者(笑)
んー…アイデア浮かばないからねぇ…
ハルマくん
まぁすぐに消えるからな。
作者(笑)
そーだねぇ。
作者(笑)
辛い。
ハルマくん
病んでるアピウザイからやめろ?
作者(笑)
(´・ω・`)ショボーン
ハルマくん
ウワッ…
ハルマくん
ってかこのタイトルわかってんの?
作者(笑)
あ〜…わかってるよ。
ただただ盛り上がっちゃって。
ハルマくん
じゃあ言うか。
作者(笑)
だね。
作者(笑)
せーの!
作者(笑)
私の雑談を見てくれて
ありがとうございます!
ハルマくん
こんなダメ作者(笑)の
作品もどきを見てくれて
本当にありがとうございます。
作者(笑)
えっひどーい!
ハルマくん
HAHAHA(・∀・)
そんじゃあそろそろしめる?
作者(笑)
だねぇ。
では、さよならー!
ハルマくん
今回も読んでいただき
ありがとうございます。
作者(笑)
っし、終わったかな?
ハルマくん
だなぁ〜
作者(笑)
そんじゃ〜またね。
ハルマくん
ん、またな。
って言っても、
ハルマくん
帰る所なんて無いし
することなんてないけど。
作者(笑)
だねぇ。
正直、私も私が
作ってるだけだし。
ハルマくん
なんかカオスだな。
作者(笑)
だねぇ。
ハルマくん
最近何か思ってること
とかあるのか?
作者(笑)
ん〜
作者(笑)
な…だ…ぅ
ハルマくん
ぁレ¿ナんヵォかシくネ?
……………………





うぅん…


またこれか…

私はうなだれながら体を起こした。
私は最近こんな事が
起こってる気がする。
大切な『なにか』が消えてゆく感覚を。
何が消えて行くのか
それは私にもわからない。

ただただ、苦しい。
昔、私は首に縄をかけた事がある。

これで開放される。と
そう思ったのだろう。

まぁ擬似体験だったのだが、
とても怖く、そして興奮した。
自分の首がロープで絞つける
その痛さが心地よくて

でも親に見られてしまった。
親は私を殺したりさせないくせに
言葉で傷付けたり、
暴力を少しだがしてくる時がある。
自殺をするな。

それは首を絞めた後に
周りが汚くなるからだそう。
やっぱり私を必要とはしていなかったな、と。
私はボロボロのサンドバッグに 
なるくらいならと、

そして、人体という名の牢獄からの
脱獄を望んでいる。

きっとそう思う人は
少しはいるはずだ。
私はそれを信じて生きていた事を
深夜帯になると思い出す。
今は親は優しくなっているのだが、
なにか満たされない。
どうしてかわからない。
私は▅▅▅を求めている。









…………………………………………









作者(笑)
今の何?
なんか…
ハルマくん
…これ以上は触れないで置こう。
作者(笑)
だね。
なんか変な空気にしてしまって
ごめんなさい。
ハルマくん
では、また次回。
さようなら
作者(笑)
バイバーイ!ヽ(•̀ω•́ )ゝ
ハルマくん
なんで絵文字使ったんだ?
作者(笑)
え?これ顔文字じゃね?
作者(笑)
まぁどっちでもいっか!
ハルマくん
んで、なんで使ったんだ?
作者(笑)
ん〜
可愛い…からかな?
ハルマくん
まぁたしかに可愛いからな。
作者(笑)
( *¯ ꒳¯*)んふふ
では、バイバーイー!
ハルマくん
ヽ(・∀・)バイバーイ