無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

133
2020/08/04

第9話

ありがとう
『守ってくれてありがとう』
最後に言いそびれた言葉。
私はこの世にはもう居ない彼に向けていった
彼がどこかで微笑んでくれているような気がした。